特徴やいい面が

COCO塾はイードアワード2016で、英会話スクール満足度1位に選ばれた評判の教室です。ひとりひとりの希望に合った、コースを選べるのが評判になっています。メインコースでは、英語力を総合的に強化できます。

 

サポートコースでは、特定の分野を集中的に勉強したい方に向いています。文法、スピーキング、ビジネススキル、TOEIC対策に対応してくれます。メインコースのなかでも、英会話を中心としたコース、実践的なプレゼンスキルを学ぶコース海外旅行をする人のためのコース、医療従事者が知っておくコースがあります。

 

社会人の方は、一般教育訓練給付コースの受講で、20パーセントの割引がハローワークよりできます。現在人気が出ているのが、自宅でレッスンを受けられるCOCO塾オンライン英会話です。忙しいサラリーマンや、働く女性、主婦の方に人気で自宅にいながらレッスンを受けることが可能です。

 

オンラインの英会話のみ、受講している方も多くいます。COCO塾では、初心者の方に体験レッスンを行っていてわかりやすいと評判です。実際に講師の方と会話をすることで、現在の英語力がわかります。英語を学びたい目的や理由を聞いてから、プランの説明をしてくれます。料金について、わからないことがあれば質問ができます。

 

COCO塾では、子供の教室があり大人と同じように評判が高いです。5歳からスタートできて、小学生、中学生のコースが好評です。英語の基礎レッスンを目的とした総合英語プログラムと、ハイレベルな英語力を身につけるためのインターナショナルプログラムのプランがあります。

言語習得への近道

繰り返し学習が大切

色鉛筆

英語を使いこなせるようになりたいのなら、義務教育だけではまったく足りませんので、自ら追加で学習を行なわなければいけません。現在の日本では英語の重要性が認知されているため、数多くの学習方法が提供されています。それらの中から、自身にあったものを選択できれば、英語マスターへの近道になりますので、慎重に選ぶようにしましょう。

 

英語学習を効率的に行なうための主な方法は、スクールと英語教材になります。スクールならば、講師と実際に会話をしながら勉強ができるため、早く喋れるようになりたい方にピッタリです。英語教材は比較的自由に学習時間を設定できるので、急がしい方にはありがたい方法でしょう。ただし、書店で購入できるものから通販でしか手に入れられない教材まで、色々とあるため、事前調査が必須といえます。

 

なお、いずれの方法で学習をするとしても、一発で覚えられるものではないため、繰り返し学ぶことが大切になります。もしも、スクールに通って講師に学ぶのならば、理解するまで何度も学習に付き合ってくれるので、自然と行なえるでしょう。しかし、教材を利用して英語を勉強する予定ならば、繰り返し学習に対応したものでなければいけません。

 

ただし、評判の良い英語教材ならば、そのような学習方法にきちんと対応していますので、選ぶ場合にはそれほど神経質にならなくても大丈夫です。なお、評価が高いものほど、飽きさせない工夫もされているため、まずはランキングなどで上位の英語教材から試していくと良いでしょう。

人気の英語教材

聞き流すだけの学習

英会話教材は数多く販売されていますが、中でも人気の教材のひとつがスピードラーニングです。発売してから20年以上も続くロングセラーの教材で、テレビコマーシャルでも有名です。スピードラーニングの特徴は、英語を聞き流すだけ、というものです。

 

英語をマスターするためには、英語を聞きとれることが重要である、そして英語を聞きとれることが話すための第一歩と考えられて作られた教材です。1日5分から英語を聞き流す学習を継続することで、その能力を引き出すというものです。1日5分からという短時間から始められるので、通勤や通学、家事の合間など自分の都合の良い時間に始められ、継続しやすいという点も特徴といえます。スピードラーニングは、ネイティブが話すよりナチュラルに近い、若干ゆっくりのスピードの会話が収録されています。

 

英語初心者にも聞き取りやすくなっています。そして、英語の後に日本語訳が収録されているので、辞書なしで英語の意味を理解しながら聞いていくことができます。対話形式の話なので、ストーリーを楽しみながら聞き続けられます。また、スピードラーニングには、音声のBGMとしてクラッシック音楽が収録されています。

 

それがリラックス効果を生み、英語学習の効果を高めてくれています。その他、飽きがきて学習のモチベーションが下がらないように、毎月1巻ずつ新しい教材が届けられます。市町村や企業にも教材として採用されており、体験した人の多くが「できそうだ」という回答をしています。

学校の選び方

3つのポイント

日本語学校などで外国人に日本語を教える日本語教師。日本語教師が活躍できる場所はたくさんあり、国内外の日本語学校や大学など世界各地に広がります。ただ日本語教師になるためにはどうすれば良いか、その知識はそれほど広がっていません。

 

例えば学校の先生のように特別な免許が必要かといえば、現在のところ公的な資格はありません。どこで日本語教師として働くかによって、採用条件が異なります。ここでは比較的就職先が多い、民間の日本語学校について取り上げます。民間の日本語学校に就職するためにはいくつかの方法がありますが、その1つに民間が主催する日本語養成講座に通うものがあります。

 

これは国の指針である「420時間カリキュラム」に沿った講座を開講しているスクールで学びます。但しどのスクールも全く同じ内容ではなく、それぞれに特徴や得意分野があります。スクール選びには大きく3つポイントがあります。

 

1つ目はカリキュラムの質です。実践と理論がバランスよいカリキュラムを作っているスクールがおすすめです。また現場で活躍するためには、実践力を身につけなければなりません。模擬授業をしっかり行える体制があるスクールを選びましょう。

 

2つ目はスクールへの通いやすさです。日本語教師を目指す人の中には、仕事を持ちながら勉強する人がいます。駅近くなど交通アクセスの良さは大切です。また土日に集中して講義が受けられる体制が整っていることも、長く続けるためには必要なポイントです。

 

3つ目は日本語検定試験の合格率や就職実績の高さです。サイトでこのような実績を具体的に示しているスクールの中から選ぶのが良いです。以上の3つのポイントを比較して自分に合うスクールを探しましょう。

おすすめの記事