【2018年夏最新】TOEICで700点を取るための勉強法まとめ|セクション別の勉強法やTOEIC対策が受けられる英会話教室をご紹介!

TOEICで700点台を目指して勉強中の人、もしくはこれからそのための勉強を始めようとしている人に向けて、効果的な勉強法とそれに関連するお役立ち情報をまとめました。

10分程度で読める内容にまとめているので、興味のある方はぜひ目を通してくださいね。

TOEICの平均得点とスコア別の割合

以下の表は、2017年11月から2018年4月までの、TOEIC L&R公開テスト5回の平均スコアです。

実施回 リスニングセクション平均 リーディングセクション平均 トータル平均
229回(2018年4月) 314.8 261.1 575.8
228回(2018年3月) 315.1 254.1 569.2
227回(2018年1月) 327 262.3 589.3
226回(2017年11月) 325.7 261.6 587.2
225回(2017年11月) 317.4 259.7 577.0

 

近々の5回の平均点をまとめると、トータルの平均は581.7点となりました。ちなみに受験者を社会人と学生で分けると、社会人のほうが学生のスコアを上回る傾向にあるようです。

TOEIC_社会人_学生
引用元:goo.gl/TLQ6zV

※データは2015年度のもの

 

この結果を見ると、

TOEICの平均得点は580点くらい
社会人だけだと600点前後
といったことが分かります。
では、700点台というのはどのようなレベル・難易度に位置するのでしょうか。次のコンテンツで詳しく紹介します。

TOEIC700点代は大手企業が欲しがるレベル!難易度は?

「TOEIC700点台」というのは、企業やTOEICの公式見解として、どのように見られているのでしょうか。

TOEIC700点以上の取得者はNTTや三菱が欲しがるレベル!!

下の図は、大手企業が採用や昇進時に目安とするTOEICのスコアを表にまとめたものです。
700点以上のところにはNTT東日本三菱電機ブリジストンと、誰もが知る大手企業が名を連ねています。

採用目安_TOEIC引用元:goo.gl/dfpnuU

「700点以上取ればこれらの企業に採用してもらえる」と一概には言えませんが、採用担当に「おっ」と思わせる点数であることは間違いないでしょう。
ちなみに700点以上取っている人の割合は、全体の約3割です。難易度としては中級~といった印象を受けます。

TOEIC_割合引用元:goo.gl/yKimc2

TOEICの公式見解は?

TOEICが公式で出している「PROFICIENCY SCALE(TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表)」では、700点台に関しては「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」と評しています。

TOEIC公式見解引用元:goo.gl/rT5j8q

個人差があり、文法や構文に誤りが見られる場合もあるが、ビジネスの場である程度スムーズに会話ができるレベル、といった感じでしょう。

これらの情報をまとめると、

700点以上取れば大手企業への就職や転職に大いに有利になる
TOEICの公式見解では700点台(730点~850点)は「業務上支障無く英会話が話せるレベル」
ということが言えます。

TOEIC700点の英語理解力ってどんなもの?

スマホを見て悩む女性

TOEICで700点を取るというのは、具体的にどのくらい英語を理解している状態なのでしょうか。
「リスニングパート350点+リーディングパート350点+計700点」と見立てて、パート別に紹介していきます。

リスニングパート350点の実力

耳に入った英語を日本語に訳さず、ある程度英語のままで理解できる
ビジネス英会話では相手の話す内容の8割ほどが理解できている
ネイティブ同士のスピーディーな会話や、4~5人以上のグループでの会話では全ての会話の処理・応答ができない場合もある

リーディングパート350点の実力

英文法・英文読解の基礎を身に付けている
文法項目の内容によっては理解に時間がかかることがある
知識の浅い分野、興味の無い分野の英文読解は、辞書を使っても多少時間を使うことがある

これらの内容をまとめると、TOEIC700点取得者はネイティブ並みの実力は有してないまでも、場数を踏めばスムーズにビジネス英会話ができるレベルであることが分かります。

次のコンテンツでは、TOEICで700点を取るための勉強法やそのポイントを紹介していきます。

TOEICで700点以上取るためのセクション別勉強法

ここからは、TOEICで700点以上取るための勉強に関する情報です。ここではセクション別の勉強法とそのポイントを紹介します。

リスニングセクション対策

スピーカー

リスニングセクションは以下の内容で出題されます。

リスニングセクション(45分間/100問)
Part1 写真描写問題 6問
Part2 応答問題 25問
Part3 会話問題 39問
Part4 説明文問題 30問

リスニングはリーディングよりも点数が取りやすいセクションです。実際、上のほうで紹介した「TOEICの平均得点とスコア別の割合」でも50点分近くリスニングのほうが平均点が高めです。

リスニングで高得点を取るための勉強法としてオススメしたいのが「ディクテーション&シャドウイング」です。ディクテーションは聞き取った英文を書き取るというシンプルな勉強法です。シンプルな勉強法ではありますが、リスニング力を高める効果は抜群です。
ディクテーションはリスニング力の強化に良いだけでなく、語彙力の強化、文法力の強化、ライティング力の強化と、英語力を高めるのに必要な要素をたくさん養えます。

ディクテーションでリスニング力を高めたら、次はシャドウイングに入ります。シャドウイングは耳で聞いた英語を自分の口から発声する勉強法です。
最初はスクリプト(文章)を見ながら発声し、慣れてきたらスクリプトを見ずに発声しましょう。発音の仕方も教材を真似るようにするのがポイントです。

日本人の英語学習の傾向として、アウトプット、特に声に出して練習する時間が圧倒的に短いとされています。このディクテーション&シャドウイングの勉強法をみっちり行えば、リスニングパートで350点以上はしっかり獲得できるでしょう。

リーディングセクション対策

勉強中の女性

リーディングセクション(75分間/100問)
Part5 短文穴埋め問題 30問
Part6 長文穴埋め問題 16問
Part7 1つの文書:29問
複数の文書:25問

700点を取れない人の悩みで多いのが
「Part7を解く頃には時間が足りないことが多い」
というものです。Part7だけでトータル54問もあるので、「Part7は捨てて5と6を……」という対策は当然アウトです。

勉強法を紹介する前に、以下のような感じでPart別に時間配分をしましょう。

  • Part5…全30問/目安時間15分(1問30秒)
  • Part6…全16問目安時間10分(1問40秒)
  • Part7…全54問/目安時間50分(1問55秒)

この目安時間の通りに進めるには、当然どのPartもスムーズに回答していく必要があります。つまり回答スピードを上げ、かつその正答率を上げる勉強法を行うのが得策ということです。

オススメは
「長文問題を音読する」
「長文問題を解く」

という勉強法の繰り返しです。力技のように思えますが、長文を何度も音読することで長文そのものに慣れることができ、さらに新しい単語の習得にも役立ちます。音読をひと通り終えたら、問題をどんどん解いていきましょう。「1問を1分以内で解く」というローテーションに慣れることが重要です。

書店や通販にはPart5~7までのPart別問題集が売られているので、それを教材として勉強するのがオススメです。

先輩からのアドバイス 「私はこれで700点を取った!」

ここで紹介するのは、TOEICで700点を取得した人から寄せられた勉強法です。口コミ形式で紹介します。

基礎固めと慣れが大事!

「TOEICで高得点を取る=英語力をかなり高めなければいけない」と思っている方が多いですが、私はそんなこと無いと思います。基礎をガッチリ固めれば700点はいけます。基礎といっても中学校レベルではなく、高校~大学レベルまでは押さえておくべきですが。。。

あと大事なのは、TOEICの問題形式に慣れることと、時間の使い方を上手に行うことです。私が使っていたのはTOEICが公式で出している「TOEICテスト新公式問題集」という教材です。模試みたいな感じで利用できるのでイイですよ!

シャンシャンさん 25歳 公務員
リスニング対策について

700点を取るには、リスニングパートもリーディングパートもどちらも一定のスコアは取る必要がありますよね。リーディングに関しては基礎問題集と長文読解に特化した問題集を解きまくればそれなりに対応できると思います。

ただリスニングに関してはかなり数をこなす必要があるかと。学校で教わるそれとTOEICテストのリスニングでは全然発音の仕方が違ってくるので、TOEIC専用の教材CDなどを使って発音を聞きまくってください。そのあとディクテーションとシャドウイングをやれば700点は固いと思います。

大輔さん 26歳 大学院生
シャドウイングが最強の勉強法!
何年も700点台の壁を乗り越えられなかったのですが、シャドウイングをひたすら頑張ったらリスニングで400点近く取ることができ、やっと700点台に乗せることができました(T_T)
とにかくアウトプットです。アウトプット。CDが付いている参考書を買って、後追いで自分で発音する。これをひたすら繰り返す。リーディングに関しても、小声でいいので自分で声に出しながら解くことをオススメします。これは速読と理解の早さにつながります。

サボテンダーさん 21歳 会社員
移動中はスピードラーニングがオススメです!

自分は1つのもの・方法を何週間何ヶ月と続けるのが苦手なので、オンライン英会話・参考書による独学・スピードラーニングの3つの勉強法で点数UPを図りました。

個人的に一番良かったと思うのは、スピードラーニングを使った移動中でのリスニング強化ですかね^^ 会社に行くのに電車を使っているのですが、行きも帰りも絶対に聞くようにしていました。ただ御存知の通りとにかくリスニングに特化した教材なので、リスニングが強い方はやる必要は無いと思います(笑)
逆にリスニングが弱いという方にはすごく良い教材だと思います。

息抜きにはボウリング!さん 30歳 会社員
最後の口コミのほうで紹介されていたのは、「聞き流すだけで英語が身に付く」と話題の英語教材・スピードラーニングのことです。
スピードラーニング_広告引用元:https://www.espritline.jp/B.index.html?utm_expid=.QzuOPHPGRSuMrrqHF_Tbpw.1&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F
口コミの中でも書かれていましたが、スピードラーニングは移動中での英語学習にピッタリの教材です。「スピードラーニング・デジタル」というコースに申し込めば、スマホアプリと専用サイトを使って時間や場所を問わず好きなときに英語を耳にできます。
TOEICのリスニングセクションの点数を上げたい人やスキマ時間をどうにか活用したいという人は、便利で使い勝手の良いスピードラーニングを使ってみてはいかがでしょうか☆彡
スマホ_女性
スピードラーニングは英会話学習に効果あり!?口コミやメリットデメリットをたっぷり紹介!
2018.9.3
プロゴルファー・石川遼さんがおすすめしていることで有名な英会話教材・スピードラーニング。 聞くだけで英会話が身に付くと評判のこの教材、一体どのようなものなのでしょうか。 特徴や口コミなどからスピードラーニングの“全て“を解剖していきたいと思います! スピードラーニングってなに? スピードラーニン...

英会話教室でTOEIC対策を行うのもアリ!

ある程度基礎は固めているはずなのに、あと一歩のところで700点台に届かない。
この記事にある勉強法だけだとどこか物足りない……

そのような方は、最終手段として英会話教室でTOEIC対策を行うのも良いと思います。お金こそかかりますが、専門の講師が700点に届かない理由の解明とその克服法を教えてくれます。

これから紹介するのは、効果的なTOEIC対策ができるところとして評判の英会話教室です。

TOEIC対策におすすめの英会話教室①
【PROGRIT】

PROGRIT_ロゴ引用元:goo.gl/q4jZ8s

ビジネスの場で英会話を使いこなせるようになりたい大人のための英会話教室
レッスンコースは「ビジネス英会話コース」と「TOEICコース」の2種類のみ
最短2ヶ月でスコアUPを目指す短期集中型のレッスン方式

PROGRITは、都内を中心に全国6箇所に教室を持つ社会人向けの英会話教室です。他の英会話教室のように日常英会話を学べるコースは設けられておらず、ビジネス英会話を学べるコースとTOEIC対策を行いたい人のコースの2種類しかありません。

TOEICコースはコンサルタントによる生徒の目標達成を第一に考えたコンサルが行われた後、2ヶ月~3ヶ月でその目標をクリアできるレッスンカリキュラムが作られます。

ちなみに公式HPには「会社の規定で730点を取る必要があった」という男生徒のインタビューが掲載されています。興味のある方は公式HPへアクセスしてみてくださいね。

【画像あり】プログリット英会話の無料体験を受けた感想!PROGRITの評判&口コミを検証してみた!
2018.8.28
電車内やテレビCMなどの広告でよく目にする英語学習コンサルティング・PROGRIT(プログリット)。 公式HPには「従来型の英会話スクールではない」と謳っていますが、具体的に従来の英会話スクールとどのようなところに違いがあるのでしょうか。 実際にPROGRITさんの校舎に行き、お話を聞いてきました。...
PROGRIT_ロゴ
プログリット(PROGRIT)の口コミ評判を徹底調査!講師がいない噂はホント!?PROGRITの料金名や特殊レッスンもご紹介!
2018.8.28
英会話教室・プログリット(PROGRIT)に関する口コミ評判や英会話教室としての特徴を簡潔にまとめてみました。 プログリット(PROGRIT)の利用者による口コミ評判や料金体制、レッスン内容などに興味のある人は、ぜひ読んでいってくださいね。 プログリット(PROGRIT)利用者の口コミ評判をチェック...

TOEICコース

ベーシックプラン(受講期間2ヶ月)
328,000円
※入会金50,000円
※TOEIC IPテスト受講料(2回分)10,000円

スタンダードプラン(受講期間3ヶ月)
468,000円
※入会金50,000円
※TOEIC IPテスト受講料(2回分)10,000円

ライザップイングリッシュ

引用元:goo.gl/s6HFEq

TOEICのスコアアップ専門のコースあり
専属トレーナーによる毎日のタスク管理&高速レスポンス
30日間無条件全額返金保証

ライザップイングリッシュは、あの「結果にコミットする」で有名なライザップが運営している英会話教室です。
現在都内5箇所に教室があり、店舗によっては2ヶ月待ちというところも出てくるほどの人気ぶりです。

そんなライザップイングリッシュですが、レッスンコースの中に「TOEICスコアアップコース」というTOEIC対策の専門コースを設けています。TOEICのスコアアップを目指したい人や語彙力や文法力など分野別の対策を取りたい人などに適したレッスンコースとなっています。

机_勉強
【体験談あり】ライザップイングリッシュの概要・口コミまとめ!
2018.8.30
劇的なボディメイクで有名なプライベートジム・ライザップ。 そのライザップが運営している英会話教室「ライザップイングリッシュ」が、今都内を中心に次々と校舎を設立して注目を集めています。 利用者による口コミから私の直接取材まで、ライザップイングリッシュに関する情報をたくさん集めました。 ライザップイン...

TOEICスコアアップコース

●全16回コース(受講期間2ヶ月)

328,000円

●全24回コース(受講期間3ヶ月)
450,000円

●全32回コース(受講期間4ヶ月)
572,800円

※入会金50,000円

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
TOEICで700点台を取るには、効果的な勉強法を継続して行う必要があります。一朝一夕の勉強では確実に無理でしょう。それはこれを読んでいる人が1番理解していると思います。
この記事にある情報を参考にして、今日から継続して700点取得に向けて頑張ってくださいね。
応援しています☆彡
両手を上げる女性

関連キーワード
TOEICの関連記事
  • 【2018年夏最新】TOEICで900点を取るための勉強法まとめ|難易度や戦略、勉強法、おすすめの参考書をご紹介!
  • 【2018年夏最新】TOEICで800点を取るための勉強法まとめ|難易度や効果的な勉強法・オススメの通信講座などをご紹介!
  • 【2018年夏最新】TOEICで700点を取るための勉強法まとめ|セクション別の勉強法やTOEIC対策が受けられる英会話教室をご紹介!
  • 外国人
    英会話マスターへとステップアップ|世界中と繋がるための英語スキル
  • 本を持つ女性
    TOEIC対策コースを受講して目標のスコアを目指そう!
  • 初めてTOEIC対策を始める時の心得|得意分野を増やす
おすすめの記事
英会話スキルを得る
未分類
英語を話せるようになりたいと誰もが願っています。しかし独学で英会話の練習をはじめようと市販の英語教材を購入して勉強してみてもほとんどの場合、...
コツを知っておく
未分類
これまでの日本では英語が話せないことはあまり大きな問題ではありませんでした。しかし今では英会話が出来ないことは結構大きな問題となってきていま...