初心者がするべきこと

メモを取る男性

英会話初心者の方は最初に、英語圏の幼児が扱うテキスト、もしくは教育番組を利用して学習すると良いでしょう。基礎的な単語、語法、フレーズなどをしっかりと暗記することで、少しずつステップアップしていくのが良いでしょう。その際に大切なことは、日本語をなるべく用いないということです。初期の段階では日本語訳が必要ですが、慣れてきたら英語で理解するようにすると良いでしょう。

英語圏の幼児は、他言語を知らない状態から、英語を学んでいきます。そのように学ぶことで、英会話のための脳が鍛えられるのです。英会話脳が鍛えられれば、例えフレーズがわからなくても、英語で質問し、その返答に対しても英語で理解できるようになります。

 

英会話初心者の方で、特に時間のある人にお勧めなのは、英語漬けの環境に身をおくということです。そのためには英語圏に留学するのが一番ですが、日本にいても同じような環境を作ることは可能ですし、例え英語圏にいても、引きこもっていたり、会話する機会が少なければ日本にいるのとさほど変わりません。

日本にいて英語漬けの環境を確保することは、決して難しくありません。海外ドラマのDVDをレンタルしてきて、英語のサブスクリプションを表示し、一日に何時間もそれを声に出して読みながら、時間を過ごせば良いのです。映像があるので、内容はある程度掴めるはずですし、慣れてくれば、自然と英語が頭から出てくるようになるでしょう。また英会話初心者の人は、英会話教室に通うのも一つの方法です。初心者コースが用意されていることが多いので、そこで初めに覚えるべき部分から習っていくことも可能です。

 

英会話教育の基礎について

英会話教育の基礎は、言うまでもなく日常会話にあります。それも英語圏に住む幼児が英語を学ぶのと同様に、簡単なものから、少しずつステップアップするように始めるのがよいでしょう。どれだけ英会話に関する知識を積み上げたところで、土台となる基礎が貧弱であれば、少しのことですぐに崩れてしまうことでしょう。

英語圏に住んでいる人であれば、頭の良し悪しに関係なく、皆が英語を話します。外国語の習得に頭の良さは関係しないということです。関係しているのは、正しい勉強法にあるということです。正しい勉強法とは、すなわち、現地の人と同じようなプロセスを辿るということであり、それは幼少期に遡って学ぶということでもあります。

 

英会話習得のコツは、短時間で習得しようと思わないことです。仮に大学受験のように、ごく限られた時間の中で、一定の範囲から出題される試験を突破する必要がある場合は、それに沿った学習を効率よく進める必要があるでしょう。しかし英会話習得は試験ではありませんし、短時間で習得しえるものでもありません。限られている時間は、人生の時間そのものですから、あせらず着実に進めるのがよいでしょう。英会話が苦手な人は、効率や地頭について思い巡らす傾向にありますが、本当に大切なのは英会話の時間を積み上げるということです。

英語圏の人は英会話を一日に10時間以上行っています。そのように学ぶことが出来れば、誰でも無理なく英会話を習得できるのです。大切なのは、時間を積み上げることなのです。この英会話は、スクールに通って習うことも可能です。スクールであれば、基礎から学べますし、また発音もしっかり学べます。多くの場合ネイティブの先生が丁寧に教えてくれるので、そこで英語に触れることが可能です。スクールの費用はスクールごとに違うので、いくつか比較してからどこに通うのか決めましょう。

 

耳で学ぶ

ヘッドフォンとパソコン

海外では、日本語を耳にすることはほとんどなく、多くの人が英語を使って会話をしています。いまは日本に海外から観光客も多数訪れていますが、何かあったときに英語が話せないと相手も自分も困ってしまいます。もしそんな国際社会で必須な英語を流暢に話したいと感じたら、普通の勉強だけではなくスピードラーニングをするべきでしょう。それは聞く力と話す力を同時に強化することが可能な教材です。

このスピードラーニングの特徴は、ただ聞き流しておくだけで良いとされている所です。またスピードラーニングは話す英語の速度を変えられて、個人の好みに合わせられる利点も持ち合わせています。日本語も流れるので、英語の意味も把握しながら覚えられるので、一石二鳥です。

 

スピードラーニングは、短期間で英語の習得が可能とされています。ただ個人差もありますし、また毎日一定時間聞くことが前提になります。通常英語をしっかりと話せるようになるにはかなりの時間が掛かったり、覚えられなかったりして挫折している人が多いですが、スピードラーニングは何か読み書きするわけでなく、普段のランニングや家事などをしているときに聞き流すだけでいいので、続けやすいという点も魅力となっています。

また続ければ相手が外国人であろうとも場の英語を聞けないのではなく、きちんと一語ずつ聞き取れるようになるでしょう。初めての人には無料サンプルの提供もあるので、それを聞いてから始めるかどうかを決めることも出来ます。

 

英語の実力を上げる

中学生、高校生、大学生をはじめ、学生のみなさんに、いま、英語圏への留学は大変人気があります。 英語圏への留学といえば、アメリカ合衆国、イングランド、オーストラリア、ニュージーランドが挙げられますが、その他にもたくさんの英語圏があり英語を学ぶにはとっておきの留学地があります。それは、まさに、フィリピンのセブ島というところです。なぜ、セブ島が英語を学ぶ留学にとっておきの場所なのか、ご紹介したいと思います。

まず、アメリカやイングランドなど、欧州に留学するとなればやはり費用はアジアより高くなってきます。それにも関わらず、英語を学びに行く日本人が多いのです。ということは、現地でも日本語で話してしまう可能性が高くなります。

 

せっかく、英語を学ぼうと留学しに行ってるのに現地で日本語を話してしまえば、高いお金を払って行く価値がないです。 その点で、セブ島がなぜ良いのかというと、あまり日本から留学する人がいませんが、世界中から留学生が集まっています。英語を使って世界中の人と交友することも出来ます。

また、物価が安いので、ヨーロッパへ留学するのと同じお金を準備したとしても、長い間、現地に滞在することが出来ます。時間が長ければ長いほど、現地になじむことができますし、実力も伸びます。 また、セブ島はアジアということで、ご飯なども日本と近く困ることも少ないと思います。もちろん、水などは、日本と違うので注意が必要ですが、その点は、どの国でも同じだと思います。

おすすめの記事