リスニング能力の向上

基礎の段階を過ぎた教材

英語の教材は中学校で使用するような基礎的なものに始まって、さまざまなものが販売されています。しかし内容が多種多様であるために、個々の能力にマッチするものを探すことが大切です。その点で基礎な段階を過ぎると、リスニング能力が重視されるようになります。事実として最近の大学の入学試験では、リスニングの配点がかなりの部分を占めているのです。あるいは社会人になると、実際に英会話をすることが求められる機会が増加します。そうしたときも基本になる
のは、リスニングの能力なのです。このようなリスニングの能力を向上させるという点で、スピードラーニングは高い評価を受けています。したがって基礎の段階を過ぎたら、評価の高いスピードラーニングを利用すると効果的です。

聞くだけで学習します

聞く

リスニングの能力の向上にスピードラーニングが評価を受けるのは、聞くことを重視しているからです。一般的な英語の教材は、聞くだけではなくて、読むことや書くことも行います。これに対してスピードラーニングは、本当に聞くだけなのです。聞くだけですから、書物を広げることやペンで書く必要もありません。そのため混雑する通勤や通学の電車のなかででも、利用することができます。あるいはベッドにラジオを聞くのと同じようにして、学習することも可能です。ただし英語だけが延々と流れているだけでは、理解が進みません。そこでスピードラーニングでは、英語と日本語がセットで流れるようになっています。このような特徴があるので、スピードラーニングは高い評価を受けているのです。

教材の工夫と年齢

教材の工夫

スピードラーニングは開発者自身がアメリカで生活したときの経験に基づいて制作されています。そのため、スピードラーニングで話されている会話は非常に自然な会話であり、実践的な内容を持っています。ネイティブが話す音変化とリズムの強弱が理解できるように工夫されていますので、聞き流すことで英会話力がきちんと向上します。スピードラーニングは英会話に力点を置いていますが、この聞き流しで最も効果のあるものはリスニング力の向上です。実際に、英語の資格を有している人はリスニング対策としてスピードラーニングを使用している人も多くいます。CDを流すだけで良いので、気軽にできるにも関わらず、その効果は高いという嬉しい教材です。

年齢

外国語を勉強するには臨界期のときに限るという説があります。つまり、臨界期である15歳までに英語を学習しないといけないという考えですが、これはあくまでも仮説であり、15歳以降に勉強しても英語力はしっかりと身につきます。あくまでも15歳未満の人の方が学習効果が高いということを意味しているだけです。スピードラーニングで勉強している人の年齢層を見ても大人の学習者が多いです。そして、英語力が上がったという人がたくさんいますので、年齢は関係ないということです。スピードラーニングは既に20年以上前からあり、歴史ある学習教材ですので、その効果は極めて高く英語だけでなく韓国語や中国語などいろいろな言語でも販売されているほどです。安心して取り組むことができます。

英語の学習

英語の学習方法

英語を効率的に学習するためにはどのような方法がよいのでしょうか。今回は、独学と英会話スクールに通う方法のふたつをご紹介します。まず、独学は自分のペースで学べることがメリットとなります。通勤時間でも学習を続けることができるので、スケジュールがたてやすいのです。また、わからないところは何度でも学習できますから、完全に理解しながら学習を進められます。もうひとつの方法が、英会話スクールに通う方法です。人に教えるのが得意な講師が英語をレクチャーしてくれますので、非常にわかりやすいのがメリットでしょう。講師に直接、質問できる環境に身を置けることも利点のひとつです。ここで重要になるのが、英会話スクールの選び方です。

スクールの選び方

大阪にはたくさんの英会話スクールがあります。その中から自分に最適な英会話スクールを選ぶ必要があります。では、どうすれば最適な英会話スクールを選択することができるのでしょう。まず、インターネットなどを通じて英会話スクールの情報を集めましょう。ホームページを公開しているスクールがほとんどですから、簡単に情報を収集することが可能です。どのようなポリシーを持って英語を教えているのか、レッスンごとの費用はいくらかなど、気になる情報がたくさん掲載されています。それらをよく読むことで、大阪にはどんなスクールがあるのかが分かります。また、無料体験レッスンを行っている大阪のスクールもあります。それぞれのスクールを比較しながら、大阪の中のよいスクールを選びましょう。

定評があります

リスニング能力の向上

日本は資源が少ない国なので、経済力を維持するには、知恵を働かせる必要があります。もちろん技術力は大切なのですが、それを伝える能力がなければ、相手に理解してもらえません。相手に理解してもらうには、意思の伝達が必要です。意思の伝達の方法として、いちばん重視されているのが言葉です。その点で英語は世界共通語として、多くの人が習得しています。ところが日本人は、英語教育を行っている割に、英語を習得できている人が多くありません。とくに会話能力については、問題視されているのです。そこで注目されるようになったのが、リスニング能力です。リスニング能力が向上すると、会話能力が格段に進歩します。したがって英語の習得のためには、まずリスニング能力を向上させることが大切です。

聞くことから始めます

リスニング能力を向上させるには、英語を聞く環境を整えることが必要になります。例えば英語を使用する家庭で育つと、勝手に英語を話せるようになるのが一般的です。そしてその際には、初めは話すことはできないので、聞くことから始めるのです。すなわち習得したい言語があれば、話すことではなくて、聞くことから始めると良いのです。その点を重視したのがスピードラーニングで、多くの人がスピードラーニングを利用しています。まず実際に使用すると、同じものを繰り返し聞くことになります。繰り返し聞いていると、聞いたことがないことでも、ある程度の内容が分かり始めるものなのです。このようなことを行うので、スピードラーニングは英語の習得に定評があるのです。

おすすめの記事