いろんな学び方

日本では義務教育が中学校までとなっており、その間で基本的な学習ができるようになっています。その後はそれぞれの人生を歩み、様々な職業に就くことができますが、この基本的な学力を支えている義務教育があるからこそ、日本に住む人々は識字率も高く、生涯学習の能力が高まっているのだといえます。
学ぶ場というものは終わることはありません。中学校の知識以上に取り込む知識はたくさんあるのです。特に自分の仕事に関わることで必要なことは、深く知っている必要があります。時代が移り変わり、同じ職業でも新たに必要になる技術もあります。新しい技術は外国からもたらされることもあるので、それにキャッチアップしていくには語学を学ぶために語学留学をすることも必須となることがあります。
英語は中学校や高等学校で学ぶことができますが、社会人でも英会話スクールなどで学ぶことが可能になっています。

必要な作業

ビジネス英語や語学を学ぶためには英会話スクールや語学留学などである程度英語漬けになることが必要になってきます。若い内には吸収も早いですが、大人になると対応する柔軟さも失われてくるのです。ビジネス英語を学ぶ為のシステムは多く用意されているので、それを活用しながら勉強を行なうと良いです。フィリピンのセブ島で学ぶこともできます。フィリピンのセブ島は観光にもぴったりなので、外国の開放的な雰囲気を味わいながら学ぶことができるようになっています。

英語を学ぶのに最適

企業では社内で使う会話を英語のみに決めているところもあります。一つの社内で日本語しか使わないような会社は今後ますます少なくなると予想されています。グローバル化の波は早く、今はもうすでに小学校などで英語の授業が行なわれています。
日本では英語教育は中学校から必須で、高校から大学と英語を学ぶ機会はあります。しかし、それでもビジネス英語を学ぶには足りず、改めて企業では英語を学ぶ機会が設けられています。企業でフィリピンに語学留学をするようなシステムも開発されており、様々な場面で英語が活用できるような仕組みが取り入れられ始めています。

英語漬けの日々

何故フィリピンに語学留学できるようにしているのかというと、ある程度英語漬けの日々を強制的に送らなければ、英語を急激に上達させることは難しいからです。それには留学が一番なのです。フィリピンはアジアの中でも特に英語化が進んできた国です。タガログ語以外にも、英語が公用語になっていることから、英語漬けの日々を送れます。
語学留学するとなれば滞在費用や授業料が気になります。海外留学の申し込みを請け負っている場所があるので、そのシステムを活用することで、快適な留学生活を送ることができるようになります。フィリピンの語学留学では基本的にマン・ツー・マンでの指導となっていますので、英語に自信が無い人でも細やかなサポートを受けることが可能です。留学期間中に達成率をテストすることになりますが、段階的なものなので自分の達成度を見ながら確実に腕を上げていくことができます。

選び方

世の中には多数の英会話スクールが存在します。スクール選びは大変難しいですが、後悔のないスクールを選びたいものです。大手チェーンのスクールから個人経営のスクール、カフェスタイルの教室なども増えてきています。どのような英会話スクールにしても、メリットとデメリットが存在しますが、継続できるスクールを選ぶポイントは、スタッフや講師の対応と技術力、授業形式、スクールへの通いやすさなどが挙げられます。やはり講師の技術力なくしては、英会話が上達する可能性が低くなりますので、実際に体験レッスンなどを受けてみるのがおすすめです。予約の取りやすさや、振替レッスンが可能かどうか、マンツーマンかグループレッスンか、などを含め検討する必要があります。

レッスン料金の相場は

英会話スクール選びの際にポイントとなるのは、費用面です。どんなにすばらしい講師が揃っていても、費用面で通うことが難しくなれば英会話は上達しません。自分に合った料金でレッスン継続できる英会話スクールを選びましょう。料金体系は、講師一人につき生徒数が多くなれば安くなる傾向はあります。ですから、マンツーマンレッスンの場合は、費用が高い設定のスクールが多いです。また、一括払いか月謝制か、支払い方法もさまざまです。1回当たりのレッスンに換算すると、5千円から8千円ほどとスクールによって幅があります。一括払いの場合は、自分の都合のいい時間に通えるのがメリットです。月謝制の場合、振替レッスンが不可能であると損をする場合がありますが、自分に合わないと思った時点で辞めやすいというメリットがあります。

効果的な英語の上達法

語学上達の最短距離は留学をすることですが、注意をしなければ語学を上達させることができなくなってしまいます。初めての海外を一人で渡航する場合には不安がつきものなので、日本人率が多い学校を選びがちです。日本人が多いことで不安な留学生活を安心して過ごすことができるようになりますが、頼りきりにしていると自分で努力をすることがなくなるので注意をしてください。わからないことは自分で調べてから質問をするようにしなければ、留学をする意味がありません。また、日本人率が多いと言うことは言葉の面でも不安がないので日本語で話をしがちになります。会話をする時も英語でコミュニケーションを取るように注意をしなければ、いつまで経っても上達しないかもしれません。

時間を有効に活用することが重要

語学留学をすると、英語文法を英語で勉強する事になります。まずは、効率的に学習をすることができるように渡航前には基本的な文法を理解しておくことが大切です。日本語で理解をすることができていなければ、英語で文法を理解する事はかなり困難になってしまいます。また、初心者はボキャブラリが少ないので精神的にも大きな負担になってしまいます。日本で基礎を固め、留学先では単語を1つでも多く覚えるようにする努力が重要です。この積み重ねがあってこそ、英会話が上達する基礎になるので注意が必要です。お金と時間を無駄にすることがないように、空き時間は積極的に話しかける、単語を覚えるなどの努力をしなければ満足できる結果を得ることはできません。

英語の裏ワザ

英会話学習には裏技がある。なぜ裏技かと言えば、短期間で本当に飛躍的に英語力を向上できるからだ。ただしそれ相応の努力が必要となることに加え、短期間ではあるが、まとまった時間が必要となる。学生の夏休みにはもってこいだろう。ぜひ短期間で英語をマスターしたいという人は参考にしてほしい。 英会話学習の裏技の具体的な方法であるが、それは1日10時間×30日英語しか使用しないことだ。これはロシアのスパイが語学を学ぶ方法を応用したものだ。ようするに300時間集中的に、英語で考え、英語で書き、英語で話し、英語で聞く、つまり英語漬けの生活をすることだ。これは本人のモチベーションこそ試されるが、その気になれば全く不可能ではない。

具体的にどう生活すればよいか

具体的な生活だが、基本的には話すことと書くことを重視するべきだろう。その他の能力は日本人であれば、黙っていても身についている可能性があるし、難しいのはスピーキングとライティングだからである。そうやって1日10時間×30日はしっかり頭を英語に慣らすことだ。 また話すということは、1人で会話することになるのだが、おススメは英語のパロディやドラマを見て、会話に英語でツッコミを入れたり、セリフをまねて見たり、状況を英語で説明してみたり、英会話の全体像をそのままセットで把握してみたり、色々と方法がある。なおBBC radio 4というラジオ番組もおススメだが、内容のレベルは非常に高度なものが多いので、初心者にはおススメできない。 私の経験上、長々とダラダラ何年やっても身につかない英会話も、以上のように、集中的に頭を使って勉強することで一気に能力が向上することが判明したので、興味のある人、モチベーションのある人はぜひ試してみて欲しい。

未分類の関連記事
  • 英会話スクールの選択
  • 聞き流すだけで英語が上達
  • 英語を取得する方法
  • 無料体験レッスンで学ぶ
  • 注意点
  • まずは体験から
おすすめの記事
英会話を学ぶこと
未分類
私は今、日本語を使っています。しかし、もちろんこれだけが言語ではありません。かつてバベルの塔が神の逆鱗に触れて壊されたときから、人はさまざま...