格安で英会話を習得する

英会話での費用

格安英会話について。格安で英会話を習うことを、仮に格安英会話と呼ぶとしましょう。格安英会話のためには、海外ドラマのDVDを使うのが最もおススメです。海外ドラマのDVDをレンタル、もしくは通販で中古などの安いものを購入し、あとは英語字幕でドラマを視聴しながら、片っ端から表現を暗記していきましょう。その際に大切なことは、音読することと、日本語を介入させないことです。レベルが上がってきたら、英語で展開について考えるようにしましょう。意味を調べる際にも英語で調べましょう。英語圏の子供が英語を学ぶのと同じプロセスを辿るのです。日本人が英語のネイティブになる必要はありませんが、最も早く英語を学べるのは、ネイティブと同じプロセスをたどることなのです。

最短で数か月で習得可能

格安英会話のためには、海外ドラマのDVDを使えば良いと書きました。しかし大切なことは、一日あたりの学習時間なのです。海外ドラマを、英語オンリーで学習しても、一日のうちに英語のために割ける時間が1、2時間であれば、習得まで相当な時間がかかります。仮にそれが一日のうちに10時間であれば、比較的短期間での習得が可能といいます。多言語を習得する人の多くは、驚くほど短期間で一つの言語を習得してしまうため、不思議に思う人も多いかもしれません。しかし、実際に語学は短期間で習得することが出来るのです。この場合の習得とは、知らない単語や表現が出てきても、その言語で検索して学べるようなレベルに到達したことを意味します。

英語教材を比べてみて

某英語教材

スピードラーニングは知名度の高い英語教材です。「聞き流すだけで英会話を習得する」のがコンセプトのため、そのほかの英語力(リーディング、ライティング)については問われないという特徴があります。スピードラーニングは、初回セットが半額で購入できるほか、万が一自分にあわない場合は、初回限定で全額返金保障をしてくれます。分割購入で買うと全巻で約20万程度の料金がかかりますが、一括購入の場合は4万円ほど割引で購入できます。またリスニングCDに加えて、テキストも付属しているため、その気になればリーディング力やライティング力を鍛えることも可能です。語学教材をものにするためには、「なんとしても習得してみせる」という意欲が大切です。

他の教材と比べてみて

スピードラーニングを他の英語教材と比較してみると、料金が比較的高いことがあげられます。その分だけ様々な表現を学ぶことが出来るのです。その点ほかの英語教材であれば、3〜5万円程度で買えるものが多いのが現状です。ただし、安易に安いからという理由で手を出すと失敗するケースもあります。単純に金額で比較はできないので、体験談や口コミを参考にして、自分にあうものを選ぶと良いでしょう。最も信頼できるものは、お試し後の返金保障システムがあるところです。そのようなところは、内容に自信があるだけでなく、営業実績も高いため、比較的信頼できると言えるでしょう。スピードラーニングを利用して、外国人のひととスムーズな会話を楽しめる英語力を身に着けましょう。

英語教材の評価

英語教材の評価

スピードラーニングは、聞き流すだけで英語が習得できることで有名な英語教材です。有名人をCMに起用したり、大量の広告を出すことで、口コミから知名度を獲得していきました。また強気の返金保障制度も口コミサイトなどで評価が高いです。スピードラーニングは、期間内であれば全額返金保障が可能です。自分にあった教材だと思えば、継続していけば良いですし、そうでないと思ったら全額返金してもらえば良いのです。ほんの少しの手間が苦でなければ、十分に試してみる価値があると言えます。またスピードラーニングは月払いから一括払いまで、多様な支払い方法に対応しており、一括払いの場合は何万円を割安で購入することが出来ます。

聞き流すだけでは不足

スピードラーニングは良質な教材です。まとめれば10万以上の高額な費用が必要となりますが、月数回のネイティブスタッフとの英会話レッスンに加え、様々な学習サポートを受けることが可能です。その気になれば、本当に英語の習得が可能と言えるでしょう。英会話教材のランキングサイトや口コミサイトでも実際に英会話を習得することができたという受講者の声も多くあります。しかし、中には習得できなかったという口コミも存在します。そのような人は、継続して利用するということをしていない人がほとんどです。日々の空き時間を利用してきちんとスピードラーニングの教材を聞き流していれば英会話は身につくはずなのです。教材はインターネットでも申し込みをすることができるので気になる人は公式ホームページなどを覗いてみてはいかがでしょうか。

リスニング ヘッドホン

23区内の教室選び

2種類の教室がある

東京23区内で英会話を学びたい場合、大手企業が運営する教室と、個人経営の教室がある事を知っておくと良いです。その大きな違いとしては立地と営業時間が挙げられます。大手企業が運営する教室は駅から徒歩圏内の立地が多く、夜遅くまで営業している場合がほとんどです。そのため、仕事帰りに立ち寄って英会話を学びたい人に適していると言えます。一方、個人経営の教室は、駅から多少離れた住宅街の周辺にある場合が多いです。大手企業が運営している教室に比べて営業時間は短い事がほとんどですが、自宅近くの教室で、休日にのんびりと学びたい人に適していると言えるでしょう。このように、東京23区内には大きく分けて2種類の英会話教室が存在します。それを知っておく事で、自分の学びたいスタイルに合わせた教室の選択が可能になるのです。

それぞれの特徴

大手企業が運営する英会話教室と個人経営の英会話教室には、それぞれ異なる特徴があります。まず大手企業が運営する教室は講師の数が多く、学習カリキュラムの種類も多いです。そのため、自分と相性の良い講師の講義を受ける事が可能で、自分の都合に合わせて講義時間や内容を調整する事も容易です。少ない時間でも効率良く学習出来るため、特に東京23区内に勤めるサラリーマンに人気が高いです。個人経営の教室は、東京23区内であっても一軒家などの個人宅を利用している場合が多く、アットホームな雰囲気を好む人に向いています。リラックスした状態で英会話を学べる事が人気の理由で、講師と親密な関係を構築出来たり、友人を作り易い特徴があります。

 

おすすめの記事