自分が子供の頃は、英語を流暢に話せる人はほとんどいませんでした。しかし、現在では小さな子供でも流暢に英語を話せている子をよく目にします。
少し前までは、子供に英語を習わせている家庭はセレブしかいない!というような考えが多かったと思いますが、現在では小さい頃から英語を習わせる家庭は一般的になっています。
それはどうしてなのでしょうか…?
その理由は簡単です。「英語が高く評価されるようになったから」です。
時代はどんどんと変化しています。私たちが子供の頃は英語の授業は中学と高校でした。しかし、現在では英語の授業を開始する年齢が引き下げられ、小学5年生から習います。また、2020年までには小学3年生にまで引き下げられるようです。
このように、国が子供の頃から英語を学ばせるということは、それほど必要性が高いということです。
小学校で子供がついていけるように、親たちは小さい頃から学ばせるのです。小さい頃から学んでいることで「英語は日常の中で必要」「勉強することが当たり前」という認識を植え付けることが出来ます。

子供に英会話を学ばせる人が増えていることから、子供向けの英会話スクールも増えてきています。
英会話スクールへ通うのは子供自身ですが、スクールを選んであげるのは、親であるあなたです。
子供はスクールの良し悪しなどは分かりませんから、しっかりとあなたが良し悪しを見極めてあげましょう。そして、子供に英語は楽しいと思わせましょう。

子どもで学ぶメリット

近年、子供向け英会話は日本で流行しています。
名前の通り、子供に向けた英会話のレッスンを行なうことです。日本のスクールでは、日本人講師や外国人講師がネイティブな発音で英語のレッスンを行ないます。
こうした子供向け英会話スクールは昔から存在していましたが、どんどんと数が増えてきています。それほど需要があるといってもよいでしょう。
ただ、中には「どうして日本語もしっかりと理解していない子供に英語を教えるのか?」と疑問を感じる人も居るでしょう。
そこで、子供に英会話を学ばせるメリットを紹介します。

子供というのは、大人に比べて柔軟性が高いです。
そのため、物事を色々な方向から捉えることが出来ます。さらに、失敗することを恐れません。
大人になると「失敗=悪いこと」という考えが植え付けられてしまいます。しかし、子供というのは失敗しても、またチャレンジをすれば良いと考えるので失敗を恐れません。こうしたチャレンジ精神は最強の武器といっても過言ではありません。大人になるにつれて徐々にチャレンジ精神が失われてしまう傾向があるので、そこは残念です。
また、失敗したとしても恥ずかしいという感情がありませんので、成功するまで繰り返します。間違いを繰り返すことで、脳が活性化されて、英語だけに関わらず様々なことに対して考える力が身に付きます。
小さい頃から英語に慣れ親しむことで、日本語にはない発音を容易に真似することが出来ますし、積極的にスクールのレッスンや学校の授業へ参加する気持ちが芽生えます。

何歳から始めるか

大人になってから言語を学ぶ場合、単語や文法を学びます。中学や高校でも単語と文法を学ぶ授業が大半だったと思います。
しかし、子供の頃は日本語を覚えるとしても、単語は覚えても文法は覚えようとして覚えたわけではありませんよね。子供というのは自然と母国語を吸収できる脳になっているのです。
また、言語を自然と吸収できる時期は5歳までと言われています。5歳を過ぎてももちろん吸収することは出来ますが、吸収できる能力は低下していきます。
外国語に関しても、子供のうちから学ぶことで素直に言語が吸収されます。
日本語にはない発音でさえ、スーッと頭に入ってくるのです。

ただ、5歳までに英会話を学ばせるべきといっても、日本語も完璧ではないのに英会話スクールへ通わせることが本当に正しいのか?…と疑問に感じる人も居ることでしょう。
しかし、英語を覚えるとしても、日本語を覚える脳と英語を覚える脳は違う場所にあります。なので、日本語と英語が混ざって脳がパニックになる!ということはありません。
海外では、日常で様々な言語が話されているところもあります。それでもその国の子供達は母国語がしっかりと身に付いています。
特に日本では日常生活の中で日本語がほとんどなので、小さい頃から英会話スクールに通って日本語に支障が現れる…ということはありません。
ただ、英会話スクールでしっかりと英語を学んでいますので、家庭では英語だけではなく日本語の勉強として日本語の絵本も読んであげるようにしましょう。

子どもが嫌がったら

最初はやる気満々で通い始めた英会話スクールも、回数を重ねることで「行きたくない…」と駄々をこねだす子供は多いです。
大人の女性もかなり気分屋ですが、子供も同じように気分屋です。しかし、子供の場合には工夫して対処をすると、またやる気に満ち溢れます。
では、子供が英会話スクールに通いたくないと急に言い出した場合、どのような対処をすればよいのでしょうか?

まず、「行きたくない」という子供に、行きたくないお理由を聞き出す必要があります。
何事も対処をするためには原因を明確にすることが大切です。
原因1:時間や曜日が合わない
子供の頃というのは、外せない用事などはないので大人の都合でレッスンの曜日や時間を決めてしまいます。しかし、それが原因で、眠たいから嫌、お腹がすくから嫌というように機嫌を損ねてしまいます。こうした場合には、時間帯や曜日を変えるだけで行く気になります。
原因2:相性
レッスンをしてくれる先生と相性が悪ければ、子供は行きたくなくなってしまいます。大人でも、これ!という理由がなくてもなんとなく嫌に感じることはありますよね。それと同じで、子供も先生が好きではないという場合には、先生を変えるか英会話スクールを変えるとよいでしょう。
原因3:遊びたい
早く英語力を身に付けてもらいたいということで、毎日のように英会話スクールへ通う、家庭でも英語の勉強ばかり…という場合には嫌気が挿してしまいます。大人でも同じですよね。遊ぶ時間はしっかり遊ぶ!勉強する時間は勉強する!というようにメリハリが大切です。

学べること

1つの英会話スクールでも子供の年齢や学びたい内容によってクラスが分けられます。
同じ英会話スクールでもクラスによって学べる内容は変わります。
では、英会話スクールでは、どういったことを学ぶことが出来るのでしょうか。

検定対策

言葉もあまり話すことが出来ない0~3歳向けのクラスがあります。こうしたクラスでは、楽しみながら英語を身につけることとなります。
お母さんと一緒に体を動かしながら英語の歌を唄う、手遊びをしながら英語を覚えるというように、ゲーム感覚で英語に慣れさせていきます。
小学生になると、英語の基本的な能力を身に付けます。
英語を「聞く」「読む」「話す」「書く」ということを学びます。
子供は、楽しさがなければ覚えようとしません。そのため、英語力を身につけるとしても、ゲームを交えて勉強をしていきます。
基本的なことを遊びながら学びますので、英語に対する抵抗がなくなります。

子供でも英語は身近な存在になってきているので、英語の検定を受ける子も増えています。子供向けの検定といっても大人向け検定と同じように様々な種類があります。
・児童検定
英語の基本的な能力の理解度に関する検定です。ネットで受験することができ、最も手軽な検定です。
・JAPEC児童英検
こちらもネットで受験をすることが出来る検定です。ネイティブな発音で問題を聞き取れるかが重要です。英会話でネイティブな発音に慣れていると簡単です。
・ケンブリッジ国際児童英検
児童英検の対象が世界になっている検定です。小学生と中学生が対象となっています。

選び方

子供の英会話スクールはたくさん存在していますが、各スクールで学べることは違います。
英語は、継続しなければ能力が身に付きません。そのため、継続的に続けることが出来る環境や学習方針の英会話スクールを選ぶ必要があります。
また、英会話スクールで英語を学ぶのは子供ですが、親にとっても通わせやすくなければなりません。
そのため、親と子供にとって通いやすい英会話スクールを見つけましょう。
では、どういった基準で英会話スクールを選べばよいのかポイントをお教えします。

子にとって良い

親にとって良い英会話スクールは、「アクセスが良い場所」と「親も一緒に学べるところ」です。
物騒な世の中なので、親が送り迎えをしてあげることがベストです。
そうすると、遠い、アクセスが悪いという場合には送り迎えが辛くなります。また、親が送り迎えをすることが基本ですが、万が一出来ないという場合にも子供だけで行ける場所、身近な人に送り迎えをしてもらいやすい場所にあるスクールがよいでしょう。
また、実際に英語を学ぶのは子供ですが、親の協力がなければ英語力を伸ばすことは出来ません。
家庭でも予襲復讐しやすい環境へ整えるコツを教えてくれるようなスクールが望ましいです。

英語を学ぶ子供本人が楽しいと感じなければ英会話スクールは続きません。また、通っているだけで何も身に付いていない…なんてことにならないように、子供が楽しく学べる雰囲気のスクールを選びましょう。
学ぶ時には、体を動かす、歌を唄う、イラストを見て覚えるというように楽しい要素がたくさん含まれているレッスンを行なっているところがよいでしょう。
また、1人だけのレッスンよりも同じ年代の子供がいて、一緒に楽しく学べるスクールがよいでしょう。
親からしてもママ友ができるので心強いです。

おすすめの記事