納得いく教室選択が大切

見学してみましょう

東京には多くの英会話教室が開講しています。大手の英会話教室から個人やカルチャースクールまで様々な教室が東京にはあります。どこの教室に通うか迷うくらい東京には英会話教室が存在するため、実際に見学や体験を通して自身のニーズにマッチする教室を探すことをおすすめします。英会話教室によって習得できる英会話の内容にも違いがあることから、自身がどのような英会話をみにつけたいかによっても選択が変わってくるのです。

東京のビジネス街に違い場所にある英会話教室では主にビジネス英会話を学ぶことができる教室が多くなっています。一方、住宅街やベッドタウンになると日常会話や旅行会話に特化した英会話教室が増加します。このため、自身にあわせて教室を探すことをおすすめします。

日本のグローバル化

東京で英会話教室が人気の理由は、日本のグローバル化や東京オリンピックの開催が予定されていることが挙げられます。近年、日本を訪れる外国人旅行者が増加してきたことによって、仕事で英語力を求められる人も多くなってきたのです。また、オリンピック開催に伴って、今後も多くの外国人旅行者が日本を訪れる予定です。

こうしたことから、日本人の英語能力が問われるようになっているのです。身近に会話をする機会が増加したことから、自身の英語能力に危機感を感じて英会話教室に通う人も多いのです。日本人は受験英語ばかりを学んできた人も多いことから、英会話教室で生きた英語を学ぶ機会を持たないとなかなかスムーズに会話できない人も多いのです。

簡単にできる勉強

手軽にスタート

スピードラーニングは大手の英会話教材販売会社です。比較的短時間で高い学習効果を得ることができる教材を販売してくれるので人気があります。有名人も利用をしている人が多く、それがこの会社の大きな売りにもなっています。

スピードラーニングの優れているところは、いつでもどこでも英語を聴くことができる教材にあります。英語などの語学を勉強するときにはそのスピードに慣れて単語を聞き取る能力が必要になってきます。スピードラーニングはこの部分に注目をして英語のフレーズを聞き流しながら英語を聞き取るための耳を作り上げて行くことを重要視しています。このため、いつでもどこでも勉強をしやすいようになっているのが大きな特徴です。

デジタルでいつでも聴ける

スピードラーニングの大きな特徴になっているのが教材のほとんどがデジタル化されているということです。このため、ソフトについてはほとんどがダウンロードをして聴くことができるようになっており、スマートフォンやパソコンなど自分が使いやすい端末をリスニングの機械にすることができます。ス

ピードラーニングのソフトは内容も工夫をされており、短時間でも聴くことができるようなソフトが数多く入っています。持ち運びをすることができる端末に入れておくことによって通勤や通学をするときの時間や家事の合間など隙間時間を有効に活用しながら勉強をすることができます。初回限定特典もあるので試してみようという人にも便利な教材になっています。

自分に合うスクール選び

目的で教室を選ぶ

自分の英会話力のなさにがっかりして、もっと英語がしゃべりたいと思っている人は少なくありません。英会話の勉強といってすぐに思いつくのがスクールの存在でしょう。現在は全国各地に英会話スクールがあり、積極的に生徒を募集しています。数あるスクールの中で自分に合うところを見つけるのは大変かもしれません。

しかしスクールに通う前に、英会話を勉強する目的をはっきりさせておくと良いでしょう。目的は大きく分けると二つあります。一つはビジネスで英語を使う必要があるために、勉強するというケースです。もう一つは日常会話で英語を使いたいというケースです。英会話スクールではビジネス用クラスや日常会話用クラスなど、目的別にあったコースを開講しているところが多いです。自分に合ったクラスで勉強することでモチベーションが上がります。

授業形態で選ぶ

英会話スクールには様々な形態があるため、自分に合ったクラスをしっかり選ぶことが勉強を長続きさせるコツです。例えば先生と生徒がマンツーマンで授業するプライベートレッスンや、先生1人に対して複数の生徒で勉強するグループレッスンがあります。つきっきりで指導してもらいたい場合は前者の方があっていますし、仲間と楽しく勉強したい場合は後者を選ぶと良いでしょう。

また授業を受け持つ先生が毎回同じである担任制と、生徒が指名できる選択制といった授業形態もあります。前者では長期間同じ先生と勉強するため、お互いの相性が良ければ英会話力がぐっと高まるでしょう。後者では好みにあった先生とレッスンできるためモチベーション維持につながります。

リスニングの重要性

リスニング英会話教材にはいろいろなものが出版されていて、どれを選べばいいか迷ってしまう人が数多くいます。そのような人におすすめしたいのは、次のような特徴を持った英会話教材です。

すなわち、リスニングの練習問題が多く掲載されているものです。学生時代に学ぶ英語の内容というのは、読解問題と英作問題に力点が置かれているので、リスニングの勉強をしていない人がほとんどです。そのため、英会話において英語を聞いても全く理解できない人がほとんどです。

しかしながら、実際に話されている英語を文字に起こしてみると、すんなり理解できる英文です。それにもかかわらず、こうしたことが起こるのはリスニング対策を学生時代からしていないからです。

 

近年は英会話ができることが一種のステータスになっています。企業の昇進においても英語の資格検定が重要視されています。特に、リスニングテストの問題の比重が多い英語検定資格が増えています。

このような検定問題で話される英語はナチュラルスピードなので、なかなかついていくことができません。また、実際の英会話でも英語を聞いてもわかりません。

したがって、何よりも重視するべきことはリスニング力を高めることができる英会話教材です。自分が英文を読んでわかるようなものをナチュラルスピードで話す音声がついたものがなおさら良いです。英文を読んでわからないものを繰り返し聞いてもあまり効果が薄いです。簡単で短い英文が数多く載っている英会話教材活用しましょう。

おすすめの記事