これまでの日本では英語が話せないことはあまり大きな問題ではありませんでした。しかし今では英会話が出来ないことは結構大きな問題となってきています。円の価値が下がってきていることもあり、観光客はタイ・韓国・中国などから訪れる人が多く、英語で会話をしないといけない状況が生まれています。特にサービス業の人には必須な条件になってくるでしょう。 日本にいるにしても会社の中で使用する言語は英語に統一しようといった動きもあり、会社の中で英会話を学べるように福利厚生を整えている会社も出てきています。英会話を学ぶための費用を一部会社が負担してくれるなど、どの会社も国際化に向けての準備を進めているようです。現状英会話が出来ないことでそこまで困らない人でも10年以内には就職するには英会話が必須だとする会社が増えることが予測されます。

意外と必要なボディーランゲージ

英会話を不得意とする人の多くは英会話は非常に難しいとか、間違ってはいけないなど、高度なレベルのものであると思い込みがちです。しかし、実際に英会話を得意とする人たちが使っているのは、高レベルの文法や英会話だというわけではありません。もちろんビジネス英語とか特殊な職種でしか使用されてない言葉などもあるので、そこについては考えておかなければなりませんが、多くの場合は中学生レベルの英語を話すことができれば日常会話には困らないとされています。いかにシンプルにいかに簡単な英語を使うことができるのか、英会話をするっていうのは簡単であり楽しいことなんだと認識することが出来るようになれば、話せるようになるまでに一歩前進だと考えられています。

基礎を固める

英会話を上達させるためには、ひたすら英語を使う癖をつけることです。しかし、最初から英会話を行おうとすると難しいので、まずは読み書きをする能力を鍛えた上で、英作文能力を向上させる道筋がキレイな英会話を習得する上のコツとなります。読み書きをする能力を鍛えるには、英語検定などの勉強を行い、基本的な文法や表現を数多く覚えることが重要となります。また、簡単な日記や、メモをなるべく英語で書く習慣をつけることで、英作文能力の向上が期待できます。英作文を多く作ってゆく中で、自分自身にとって使いやすい表現が出来上がってきます。これらの表現を簡単に思い起こせるようになったら、非常に高い英会話の基礎能力がついていることとなります。

英会話をする機会を増やす

しかしながら、英会話能力を鍛えるには、会話をすることが不可欠となります。また、文章を書く際には使わないような表現や挨拶などを勉強するにも、会話の数を増やすことが重要となります。そこで、定期的に英会話スクールに通ってしゃべる練習をするとよいでしょう。また、六本木などの外国人観光客の多いところで実際に外国人と仲良くなり、会話をすることも有効です。外国語圏で駐在している駐在員などは、外国人の恋人を作ると、英会話能力と愛を共に育むことができます。日常生活の中で英語でしゃべる機会、環境をを可能な限り多く作ることが英会話能力向上の最短ルートなのです。もし英会話をする相手が見つからない場合は、独り言を英語でつぶやくだけでも大丈夫です。

今後を知って選ぶ

英会話スクールのオンライン化が止まりません。オンライン化とは、インターネットで学べることを指します。インターネットにアクセスするだけで英会話の学習ができる環境が整いつつあります。このような現代にあっては、いつであっても自分の好きな時間に英会話を学習することができます。これまでは英会話スクールに実際に通う必要がありましたが、オンラインの英会話スクールであればインターネット環境さえあれば良いのです。英語を学習すると言うモチベーションだけで、英会話を学べる時代となっています。一昔前のように、必ずしも留学をする必要はなくなったと言うことです。海外に留学をしなくても、ネイティブと話す機会はたくさんあります。

英語を学んでいく上において、注意することがあります。それは、英語のテキストを読むだけでは勉強にならないということです。もちろん、文法書を精読することは英文法の基礎的な力を身につけることに役立ちます。しかし、それを何度繰り返したところで英会話の能力を身につけることができません。英語の総合的な力を身に付けるためには、英会話スクールに通って、英語でのコミニュケーションを何度も試す必要があるのです。何回も英語でのコミニュケーションをすることによって、生きた英語を身につけることができます。そういった勉強の環境を整える役割が英会話スクールにはあります。英語を話す機会がなかなか持てない人は、スクールに通うことをお勧めします。

料金を把握する

昨今急激にその必要性が強調される英会話力。 これから就職する学生の方も、すでに社会人の方も、英語を勉強しなおそうとお考えの方は少なくないのではないでしょうか。 英会話力向上に必要なのはアウトプット学習です。 日本にいながら英会話力を身に付けようと思うと、英会話スクールについて考えることは避けて通れません。 とはいえ時間もお金もかかってしまう習い事。 近年英会話スクールは以前に比べ数が増えており、形態も多様化しています。 受講料については、従来型の通学スタイルであれば、グループ制コースで1回2千円から3千円程度。 マンツーマンコースでは1回6千円から8千円が相場と言われています。 また、近年ではインターネットを利用した講座もあります。 マンツーマンレッスンが基本で、なんと月に5千円程度が平均であるなど通学型のスクールよりもかなり格安になっています。

多様化するスクール。自分に合うのはどのスタイルか。

さて前述では英会話スクールの一般的な料金に触れましたが、ここからはその特徴についてお話ししたいと思います。 ご存じのとおり、英会話スクールはこれまで通学型が一般的でした。 通学型の特徴としては、決まった時間に決まった場所でレッスンが行われることです。 「続かないかもしれない」と不安に思っておられる方には、自由すぎるよりはこちらのほうがおすすめかもしれません。 さらに大手であれば情報量が多く、サポート体制も充実していることから学習相談などがしやすいということもメリットの一つでしょう。 一方近年注目されているのがオンライン講座。 こちらは逆に時間と場所を選ばず、自分に合ったスタイルで受講できるということが最大のメリットです。 またなんといってもその費用の安さも魅力の一つ。 通学講座では割高になるマンツーマンレッスンが基本というのが大きなポイントです。 このように現在では多様なスクール形態が存在することから、多くの選択肢から自分のスタイルに合ったスクールを選ぶことができます。 ぜひ、気軽に体験レッスンなどを利用してご自分に合うスクールかどうか確かめてみてはいかがでしょうか。

習得のために

昨今ますます英語を勉強して自分のものにするために努力する人びとは増えている。 いろんな努力の方法があげられるが、英会話スクールに通い、学ぼうという人びとは多い。 だからこそ、英会話スクールは数多くあり、講師になる外国人の日本での職はある程度約束されているといってもよい。 しかし、英会話スクールに通ったからといって英語のスキルも英会話の能力も向上したとはいえない人が多いのも事実だ。 では、どうすれば英語のスキルは向上するのだろうか。 英会話スクールで働いていた外国人講師にその答えをきいてみたところ、「繰り返し同じことを学習すること」。 さらに大事なことは単語のみを単独で覚えるのではなく、 例文を併せて覚える。 英文と日本文を同時にである。 そして、その際に声に出して口に出来ればなおよいそうである。

英会話スクールにできることできないこと

いくら通っても効果がないのなら、英会話スクールに通う意味はない。 件の外国人講師によると、多くの人の英会話スクールの利用の仕方が 英語学習に有効な方法でないからこその結果であるという。 効果が上がらない原因として考えられるのは、週に1回ないし月に数回のレッスンを受けるだけで英語をマスターできると思っているか、 それ以上の行動を起こしていないからだと。 むしろ、スクールのレッスンは日頃のアウトプットの場と心得て臨むと英会話能力を高めることが可能になるだろう。 なぜなら、レッスンには英会話に応じられるだけの能力を有した外国人講師がいるのだから。 それを生かさない手はない。 ただ、英会話スクールにも弱点はある。 それは、毎年繰り返し同じカリキュラムに沿ってしか授業を実施しないということだ。 初心者がスクールである程度学んだら、以後は自分で学習方法を開拓していくこと。 それがさらなる英語能力のスキルアップにつながっていくのだ。

相場で判断

最近では大手の企業などで、社内での公用語を英語にする会社もあり英語をしゃべられ人材の需要が増えてきています。本格的に英語を習おうとする時に大半の人が真っ先に思いつくのが英会話スクールだと思います。英会話スクールに通う時に気になるのが授業料ですがマンツーマンレッスンとグループレッスン(6名から10名で行うレッスン)があり、マンツーマンレッスンだと40分から50分で6000円から8000円、グループレッスンだと40分から50分で2000円から3000円が授業料の平均的な料金です。その他にも少人数レッスンというのがありこちらの料金はマンツーマンレッスンとグループレッスンの中間ぐらいの料金になっています。

マンツーマンレッスンは講師と生徒が一対一で受けられるスタイルの授業です。マンツーマンレッスンのメリットのひとつとしてオンラインでの授業が受けられます。自宅にインターネットができる環境があれば家に居ながら授業を受けることが出来るため家庭教師に英会話を教わっている感覚が味わう事もできます。 講師から集中的に授業を受けられるためマンツーマンレッスンの方がグループレッスンより英会話の上達するのが早いといえます。グループレッスンの最大の特徴は大勢で授業を受けられることです。英語を話したいという人がたくさんいるので英会話を習っていく上でひとりで習うよりも大勢で習う方が比較的モチベーションが維持しやすいことです。

おすすめの記事