イギリスの留学なら綺麗な発音を身に付けられる

正統派英語を身につけます

田舎

地域により方言があります

イギリスに留学すると、イギリス英語を直接聞くことがほとんどであり、正統派の英語を身につけることができます。日本の教育機関で教わるのは、アメリカ英語がほとんどですので、イギリスに留学するとアメリカ英語との違いを感じることが多々あります。

例えば、イギリスでは1階はグラウンドフロアと呼び、2階が1階となります。同じ英語でもこのような違いがあるので、知らないと戸惑ってしまうことも多いです。また、イギリスでも地方により方言やイントネーションの違いがあり、北部の方言は大変リスニングが難しいものもあります。

留学する地域に方言がある場合は、そのような影響があるので、ご自身が行く地域の特徴を事前に調べましょう。

生活費を節約する

イギリス留学は、他の国への留学に比べると費用が掛かる傾向にあります。

特にロンドンは生活費や家賃が高いので、語学学校や大学費用以外にもかかってくる費用が大きいです。留学費用が十分あれば一人暮らしをすることも可能ですが、多くの場合は生活費を節約したい人がほとんどでしょう。生活費を減らしながら、また英語力を伸ばすのに効果的な方法があります。

それは、フラットシェアという、アパートを他の学生と一緒に住むことです。リビングやキッチンなどの共有部分は一緒に使い、かつ自分の部屋があるというシステムで多くの学生がフラットシェアをしています。なるべく日本人同士で住まない方が、英語力の向上につながり、安い家賃で広いアパートに住むことができます。

丁寧に指導をしてもらえる

まず失敗はないです

学習塾には大きくふたつのスタイルが見られ、ひとつ目が集団で授業をする形です。一般的な学校の授業とまったく同じスタイルで、ひとりの先生に対して生徒の数は複数です。これに対して、個別指導という形態で授業を行う学習塾も増えています。

個別指導の何が良いかと言えば、ずばりマンツーマンで丁寧に指導をしてもらえる点です。周りの生徒に気をつかわず、自分の理解できるスピードで授業が進みますからきちんと理解をしながらステップアップできますし、分からないからといって焦る心配も無用です。

また、先生も生徒がひとりなのでそこに向かって集中でき、必然的に授業のクオリティーも高くなります。集団か個別指導かで悩んだ時には後者にしておけばまず失敗はないです。

積極的にチャレンジが可能

英語をマスターしたい場合には個別指導における恩恵がさらにアップします。ぺらぺらと英語をしゃべれるようになるためにはくり返し練習をするのが大切で、個別指導だとこの部分がおろそかになりません。集団の場合には全員に平等に発言の機会を与える必要がありますから自分がしゃべる回数は少なくなりますが、個別指導だと常に自身のターンなので思う存分に先生にぶつかっていけます。

また、英語を勉強しているとほかの人の前で発音をするのが恥ずかしいと感じるシーンもありますが、個別指導だと配慮を求められませんから積極的にチャレンジが可能です。インターネットで調べると英語を学べるスクールがたくさんヒットしますが、個別指導の学習塾にした方が効果的です。

英語を学ぶコツ

本

英会話用の専門教材は、数多く販売されていますが、英会話の学習者にとって大きなネックなのはその数万円もする価格です。しかしながら、そのような高価な教材を使用することなしに英会話を習得することは十分に可能です。英会話を学習する際にもっとも効果的な教材は、日常生活でそのまま活用できるフレーズを多く含んだ英語例文集です。

このような教材に掲載された例文を暗記することによって、学習者は現代英語の重要単語と熟語を効率よく吸収できます。英語例文集のなかには、生き生きとした登場人物の物語が散りばめられているものもあり、学習者が楽しく取り組めるような構造になっています。厳選された例文を繰り返し覚えることが英会話能力の向上につながります。

英語の例文を暗記するにあたっては音読が効果的ですが、ネイティヴによる発音を繰り返し聞きそれを記憶に定着させることが重要です。ひと昔前の英語例文集にはCDはついていませんでしたが、最近ではほとんどの教材にCDが付属しています。

英語を話せるようになるためには、頭の中に土台となる例文があることが前提条件であり、そのような例文をいつでも自由に引き出せるようになると英語での会話は可能になります。基本例文を完全にマスターした後は、あらゆる会話に対応できるように、語彙力を増やすことが必要です。10000語ほどの語彙を暗記していれば、ビジネスの現場でも十分に対応できますので、英語の単語帳を1冊繰り返すことが推奨されます。

英語を効率的に身につける

スピードラーニングは音変化を習得するのに役立ちます。英語には独特の音変化があります。英語が話されるときには辞書に掲載されている発音記号どおりとはいきません。これは英語には強弱のリズムがあるからです。強く発音される箇所と弱く発音される箇所があります。

前者は代名詞や前置詞や冠詞などがあります。後者は動詞や名詞などの相手に情報を伝える上で重要な語です。これらの単語が話されると、一方では強く発音されて、他方では弱く発音されるようになります。そうなると、音変化が生まれていきます。

特に、弱音部においては、通常であれば聞き取れる単語でも音が弱化されてあいまい母音化されて音が消えることもあります。アクセントがない部分においてもこれは顕著な傾向です。こうした音変化に慣れるには、何度も英文を聞くことです。その訓練に最適なものがスピードラーニングというわけです。

スピードラーニングは英語の音変化を習得するだけでなく、英語を英語のままに理解する力を身につけるのにも役立ちます。スピードラーニングは英語が流れた後に日本語訳が流れるようになっていますが、これには理由があります。日本語が最初に流れてしまうと、日本語で会話をイメージしてしまいますし、英語を聞いても日本語で理解しようとするのです。そうすると、結局日本語に置き換えて理解することになり、英語力が本当の意味では身につきません。

英語を英語のまま理解するからこそ、英語を話したり聞き取ることができるようになるのです。英語の文章ごとに日本語が入るので、流れている英語を単語ごとにではなく、センテンスごとに理解できるようにもなります。

  • 語学力アップに
  • 書いている画像
    徹底的に韓国語を勉強したいなら自分に合った方法で学ぼう
  • 対話
    スピードラーニングで効率よく言語が身につく|頭も耳も英語に慣れる
  • 聞く人
    イギリスの留学なら綺麗な発音を身に付けられる
  • 英語
    スピードラーニングで英語力がアップしている効果を実感してみよう
  • 聞く
    フィリピンへの語学留学で英会話力アップ!|イングリッシュマスター
おすすめの記事
英語が必要な世の中
未分類
自分が子供の頃は、英語を流暢に話せる人はほとんどいませんでした。しかし、現在では小さな子供でも流暢に英語を話せている子をよく目にします。少し...