簡単なことから

握手

自己紹介で大切なこと

ビジネス英語で自己紹介をする際、大切なのは自分の強みをアピールすることです。自分は何が出来るのか、どんな強みがあるのか、どんな資格を持っているのかなど、いかに自分を売り込むのかが肝心です。

特に強くアピールすべきなのは、自分がこれまでに手がけた仕事の内容についてです。単に大学である分野を専攻していた、または資格を持っているというだけではやや不足であり、実務経験が重視されます。また日本語の自己紹介では、謙遜の意味を込めてあえて失敗談を語ることも多々見受けられます。

しかし、ビジネス英語の自己紹介では絶対に避けましょう。英語圏では自己紹介で謙遜するような習慣はなく不思議に思われます。何のために自己紹介をするのかを忘れないようにしましょう。

出来るだけ分かりやすく、簡単に

日本人がビジネス英語を用いて自己紹介をする場合、多いのは日本語での紹介をそのまま直訳してしまうパターンです。殆どの日本人には、実際に英会話でコミュニケーションをとる経験が不足しています。

そのため、英語圏のネイティブ・スピーカーからすれば不自然な言い回しをしてしまいます。日本の英語教育では、正しい英語の文法を身に着けることにおいては優れていますが、一番大切にすべきなのはいいたいメッセージが相手に伝わることです。ですから、初めのうちはネイティブ・スピーカーに添削をお願いすることがベストでしょう。身近にいなければ、留学経験や海外での出張経験がある同僚にお願いするのも悪くありません。

そして、添削された文章からビジネス英語の基本フォーマットを身につけましょう。短い期間の英会話もあるので少しでも多く英語で会話する機会を増やしましょう。英会話スクールを利用してビジネス英語を学ぶ場合、どこを利用して良いのか迷ってしまう人は少なくありません。その場合、体験コースを利用しましょう。

体験コースを設けていない英会話スクールもありますが、設けられている場合は利用しない手はありません。実際に体験することでカリキュラムの把握、どういった風に授業が行なわれているのか知ることができるのでオススメです。

需要について

英語の重要性と教育の変遷について

企業のグローバル化により、今日では英語の能力が重視される傾向が強まっている。海外企業との円滑なコミュニケーションや、海外拠点での活躍にためには英語は不可欠なものとなってきている。

そのような状況下において、最近では英語の能力を測る指標としてTOEICの点数が用いられるケースが増えている。会社によっては昇格条件などに用いられている場合もあり、TOEICの点数の重要性が増している。

このTOEIC対策においては、テキストでの学習や英語スクールでの学習など様々な学習方法がある。最近ではTOEIC対策の方法も増えており、例えばスマートフォンのアプリケーションで隙間時間を活用しながらTOEIC対策が行えるようになるなど進化してきている。

TOEIC対策と今後の動向について

TOEIC対策は、英語への重要性の高まりから、今後も重要なものとなると考えられている特に学生が企業に就職する場合や転職を考える場合に、TOEICの点数が重視されていくものと考えられる。

最近では、企業内の研修としてTOEIC対策を行う企業も増えており、会社員においても会社内での競争の上でもTOEICの重要性が高くなってきている。特に、海外を相手にビジネスを行っている企業や、海外進出を考えている企業においては英語の能力を保持した人材の確保は必須となっている。

その為、会社でもTOEIC対策に力を入れ、社員への研修を行うケースが増えている。その際、現場の担当者のみならず管理職や役員など上層部の人材に対しても教育が盛んに行われており、今後も教育の強化が見込まれる。

様々な教育

教室

どのようなスクールがあるのでしょうか

もともと日本では人気も需要もあった英会話スクールですが、最近では社内の公用語を英語にする日本企業が出てきたり、文部科学省が小学校3年生から英語教育を開始する方針を固めたりと、ますますその重要性が見直されてきています。

そんななか、様々な形態、価格帯の英会話スクールが出てきていて、以前より選択肢が増えているのをご存知でしょうか。実際に講師とふれあうことやグループでのレッスンを希望する方は、ある程度レッスンチケットをまとめて購入したり、キャンペーン時に入会することでスクールでもかなり安くレッスンを受ける事ができるでしょう。

また、最近話題になっているオンラインスクールは、おおむね実在するスクールより安い価格で英会話の授業が受けられると評判です。

負担にならない金額で充実のレッスン

オンラインスクールは、インターネットを利用して現地に住んでいる英語教師と会話する事ができるスクールです。このことによって、物価の高い日本に住む外国人講師に教わる実在の英会話スクールより安い価格を実現しているのです。

価格帯は、毎日15分から25分のレッスンで、一ヶ月5,000円程度が相場とかなり安いので、負担にならない金額でレッスンを受けることができます。また、インターネット環境があれば受けられるので、自宅で受ける事ができ、続けやすいこともメリットといえるでしょう。

いろんなオンラインスクールがありますが、価格や内容を比較できるサイトや口コミサイトなどもありますので、比較して安いところを探すのも良いでしょう。

リスニング能力

英会話学習における工夫について

英会話スクールに通う人が多くなりましたが、その学習方法は昔と今とでずいぶん変わっています。ここでは、そうした相違と学習の工夫について書いていきたいと思います。

それでは、まずは英語学習のこれまでと現在についてです。これまでは英語学習というとリーディング重視の学習が中心でした。英語をきちんと読むことができれば、正しくライティングもすることができます。しかし、「話す」「聞く」の能力がなかなか身につきません。そのため、今では、むしろ会話力重視の学習が重要視されています。

特に、リスニング力を高めるためにCD学習を自宅で行うことが重要です。そこでの工夫としては、CDを繰り返し聞いて、自分で口に出して学習することが大切です。

現在のトレンドについて

英会話学習のトレンドについて書いていきたいと思います。今は英会話スクールに通うことで英語を勉強するというのが、勉強のトレンドです。

英会話スクールの中には出身国が多様な講師がたくさんいるところがあります。自分の興味のある国を地元とする講師を選ぶと、会話が弾みます。また知的好奇心も満たされます。レッスン代としては、1回5000円から6000円程度です。

自分の無理のないようにスケジューリングをして受講することをお勧めします。英会話スクールで培った能力をさらに高めるには、自宅でのリスニング勉強が大切です。このとき、CDの音声を真似して自分で口に出す練習が非常に効果的です。

こうした学習をすることで、英会話力がしっかりと身に付きます。

 

おすすめの記事