英語を話せるメリット

海

日本で暮らすのだから英語が話せなくても問題ないと思っている人は少なくないでしょう。そこで、英語が話せることで得られるメリットは何なのかご紹介したいと思います。

まず一つ目は、自分のやりたい職業に就けるということです。求人誌を見ていると、求人の条件に「英語が話せる人」と書かれていることがあります。最近は海外の人も日本に移住してきたり、海外からの観光客が毎年多くなっていることもあり、英語を話せる人間を欲しがる企業が増えているのです。

たとえ英語が必須の企業でなかったとしても、「英語が話せる人」と「英語が話せない人」が面接に来た場合、「英語を話せる人」が採用されることが多いのです。今後の人生においても、英語を話せるということは大きなメリットになるということです。海外にも活躍の場を広げて、世界旋風を巻き起こしましょう。

二つ目は、海外旅行に行った時に困らずに済むということです。ほんの小さなことに思えるかもしれませんが、自分の意思が思うように通じないとストレスになってしまい、せっかくの海外旅行なのに楽しめないかもしれません。英会話のスキルが身についていれば海外の旅行先で困ることもないですし、何より現地の人と交流できるということが、海外旅行をさらに楽しくしてくれることでしょう。

英会話のスキルを身に付けるには、東京の英会話スクールに通うのが確実な方法です。東京には多くの英会話スクールが存在するので、自分に合ったところを選ぶと良いでしょう。英語が話せるようになれば、あなたの人生が180度変わるでしょう。

オンライン英会話の魅力

近年、日本ではインターネットの普及に伴い色々なことがオンラインでできるようになっています。オンラインショッピングやオンライン予約など、ネット上で様々なことが行なえる便利な時代になりました。

オンライン英会話もそのひとつです。英語を話せるようになりたいと思ったら英会話スクールに通う人が多いかもしれませんが、最近ではオンライン英会話を利用する人も増えつつあります。その理由の一つが、料金の安さです。

英会話スクールの授業料とは比べ物にならないほどの安さがオンライン英会話の魅力です。英会話を教えてくれる先生がフィリピン人であることが、その安さの理由です。フィリピンの物価は日本の10分の1なので、日本に住んでいる先生に英会話を教わる場合が50,000円だとすると、オンライン英会話は5,000円で済むということです。また、フィリピンとの時差も1時間しかないので双方に負担がないというのも嬉しいポイントです。

オンライン英会話には他にも嬉しいポイントがあります。それは、希望の時間でレッスンを受けることができるということです。

英会話スクールに通いたくても、仕事が忙しくて行く暇がないという人にはオンライン英会話はもってこいです。数時間前でも予約することができますし、25分単位で自由にレッスンを入れられるので、ちょっとした時間が取れそうな時にレッスンの予約を入れることができます。会社勤めをしている人や、子育てでなかなか家を離れられない人にはピッタリかもしれませんね。

仕事での英語の必要性

ビジネス

英語の重要性について考えたことがあるという人は少ないのではないでしょうか。今の日本には英語が浸透している職業が増えてきています。そのため、海外との取引がある仕事では英語は欠かせません。英語で書かれた文章やメールを読解したり、海外の取引先と英文でメール交換をしたりといったことが起こりうるからです。

そのため、海外と取引する仕事では英語でビジネスの交渉をしなければならないため、ハイレベルな英語力が必須です。打ち合わせでも英語で交渉しなければなりません。また、グローバル企業の中にはミーティングを英語で行なうところもあるようです。

その場合、資料も議事録も全て英語で書かなければなりません。これからどんどんグローバル化が進んでいくことを考えると、英語の必要性が分かるかと思います。

英語が重要だと言っても、島国である日本では日常生活の中で英語の必要性はそこまで高くありません。そのため、今すぐに英語を習得しなければならないということもありません。

しかし、ビジネスの世界では英語の必要性が高くなります。海外の顧客の対応をする機会も多いので、流暢な英語が話せないとビジネスの世界では使いものになりません。今は使う必要がなかったとしても、会社によっては海外出張を命じられることもあるかもしれません

。仕事で活躍して昇進したいと考えているのであれば、今からでも英会話スクールに行くなり自主学習するなりして、英語を身に付けておくと良いでしょう。

英語の教材選びのポイント

英語の教材は山ほどあります。初めて教材を購入する際に、数が多すぎてどれを選べばいいのか分からなくなってしまうかもしれません。せっかくお金を払って買うものなので、後悔しないように自分に合った教材を選ぶことが大切です。そこで、英語の教材を購入する時に押さえておくべきポイントをいくつかご紹介したいと思います。

一つ目のポイントは、「ネイティブの音声が収録されているCDやDVDが付いているもの」です。最近ではほとんどの教材にCDが付いているので、そこまで気にしなくても良いでしょう。英語は文章だけ見て頭で覚えても意味がありません。一番良いのは耳で聞いて覚えることです。ネイティブの音声をしっかり聴くことで、正しい英語を身に付けることができます。DVDが付属されている教材も中にはありますが、DVDは自宅での使用に限られてしまうので、映像だけでなく音声だけの教材を用意するようにしておきましょう。

二つ目のポイントは、「日本語の訳が付いているもの」です。英語が全く分からない初心者によくありがちなのが、「しゃべっている英語の意味が分からない」というものです。英語でペラペラ話されても、その人が何をしゃべっているのか分からなければ勉強になりません。そうならないようにするためにも、日本語対訳や日本語音声の入っているCDが付いている教材を選ぶようにしましょう。

自分に合った教材でなければ、結局やらずに押入れの中に仕舞われてしまいます。確実に英語を習得したいのであれば、自分に合った教材を見極めることが大切なのです。

おすすめの記事