指導する教師も魅力的

仕事に活かせる語学

ビジネス英会話は近年主流となる教育学の1つで、仕事に合わせたレッスンを組み合わせ、実践的な語学力を身に付けられると評判なのがベルリッツです。語学スクールとして、社会人に利用の利点が多数挙げられます。プレゼン・プロジェクトなどを含み、営業先や取引先などでも外国人とのコミュニケーションを図るシチュエーションは増加傾向です。

ベルリッツの受講生の6割は初級者レベルからスタートするなど、話せない不安も払拭できると評判です。その理由としては、目的や英会話レベルから効率的に学べるよう、1人1人に的を絞ったプランニングが提案されています。また、日本人カウンセラーが在籍するのも特長で、外国人教師への要望など、コミュニケーションを苦手とする日本人にとっては、内容の伝達役も担ってくれると評判です。ベルリッツの最大の魅力は、教科書やテキストなどでの学びはもちろん、職場のやり取りを再現するなど、自身の仕事に直結した内容で学習が進められる点です。例えば、仕事で実際に使用する資料の添削やプレゼン練習なども行えるのはベルリッツならではで、評判に繋がっています。

こうした内容が図れる理由としては、職歴や経歴、資格や免許などにおいて、経験豊富な教師が在籍していることも一利挙げられます。新入社員としては即戦力として活躍したいなど、自信を付けるためにも活用できます。レッスンの頻度も無理なく通えるようにスケジュール調整できるのは、社会人にとって優先順位が仕事であるためです。こうした場合には、自宅学習も可能にする宿題などのサポート学習も行ってくれます。

英会話の上達法とは

ただ聞き流すだけの教材

もうすぐ小学校でも英語科の授業が始まります。これまでのように英語を話せなくてもよいといった風潮はなくなり、会社でも大学でも英語ができる人、話せる人を優先的に採用、合格する流れになってきています。私たちはこれまで中学校、高校と英語の勉強をしてきたはずなのにほとんどの人が英語は入試のためだけのものとなっており、大人になって英会話ができる人はほとんどいないといっても過言ではありません。そこで大人になってから始める英会話の教材としておすすめなのがスピードラーニングです。

スピードラーニングは「海外旅行に行ったときに現地の人と話せるようになりたい。」とか、「日本へ観光へきた外国人に話しかけられたときに英語で会話したい。」といった身近な英会話にぴったりの教材です。スピードラーニングはただ聞き流すだけで十分ですが、やはり英会話の勉強のためには毎日続けることが大切です。またただ聞くだけではなく、声に出して発音することが最も大事です。聞き始めの頃は、ネイティブの会話を理解できなかったり、スピードについていけなかったりするかもしれません。しかし繰り返し繰り返し聞くことにより、耳が慣れ自然と聞き取れるようになってくるのです。

スピードラーニングは普段使うフレーズがたくさん盛り込まれていますので、日常会話程度であれば誰でも話せるようになるので、初心者にもおすすめしたい英会話教材なのです。ぜひ今からスピードラーニングで英会話を始めてみましょう。

かかる費用が高いかどうか

コストに見合う価値

他の英語教材に比べると、スピードラーニングの価格を高いと感じている口コミが多数見受けられます。これだけの費用を払って、しかも英語を聞き流すだけで英語をマスターすることができるのかどうか、疑問を感じている人がそれだけ多いのです。しかし、英会話教室に比べてみるとかかる費用は半額程度ですみ、しかも何回も聞き直すことができるスピードラーニングはお得と言えます。毎月通って外国人講師から直接指導を受けられる英会話教室は魅力的ですが、その費用はスピードラーニングよりは高いかもしれません。その点、スピードラーニングはその半額程度で学ぶことができるので、十分安いと言えます。また、スピードラーニングでは、巻数を重ねていくと上級者向けの難しい英語のフレーズも学ぶことができます。

英会話教室で学ぶとなると、どうしても時間にしばられてしまうのですが、スピードラーニングは時間を気にすることなく好きな時間に好きなだけ聞き流して学ぶことが可能です。スピードラーニングにはさまざまな口コミがあるので、迷ってしまうこともありますが、まずは10日間試してみましょう。10日間は、無料で視聴することができるので、まずはCD版を聞いてみましょう。聞いて見ることで、通学で学ぶ英会話教室のほうが効果的なのか、好きなときに英語を学ぶことができるスピードラーニングのほうが効果的なのかを決めるといいでしょう。また、スピードラーニングの口コミでは、こういう方法で学習をしたら効果的だったという声やどういう風に効果がでてきたのかを知ることができる口コミもあるので参考にしてみましょう。

リスニング

外国人に日本語を

将来性もあり

日本語教師は、日本語以外の言葉を母国語としている外国人に日本語を教える、という仕事をする人です。職場としては、日本語学校や家庭教師、海外の大学や日本語学校などが多いです。日本語教師になるには、資格は必ずしも必要ではありませんが、日本語を教えるのに必要な知識と技術を持ち合わせていなければなりません。ですから、日本語教師としての採用基準として、日本語教師養成講座を420時間以上受けて修了している、日本語教育能力検定試験を合格している、大学で日本語教育を先行し修了している、この3つのいずれかが条件となっていることが多いです。

日本語教師の人気は増加傾向にあるといわれています。近年は、日本の文化が海外で評価が高く、日本への留学生や旅行者が増え、活躍できる場も増えていることが理由として考えられます。また、アジアの途上国では日本語教育の需要が高まっているともいわれています。非常勤採用が多い職業ですが、常勤できる可能性もありますし、逆にボランティアで働く人も多いです。日本語教師になって、安定した収入を希望するなら、専門知識をしっかりと得ることが必要となってきます。

主婦や年配の人に人気となっているというデータもあります。非常勤で働く場合、子育てしながらでも続けやすい、ということが人気の理由です。また、高学歴の主婦にとっては、専門性が求められ、やりがいを感じられる職業であることが、選ばれている理由となっています。

 

おすすめの記事