経済のグローバル化が進んで国際競争力が問われる中、日本企業の間でも英語力の高い人材を積極的に採用する動きが広がっています。
ビジネスでも英語力が求められる場面が増えているため、高い英語能力を持つ人ほど就職活動でも有利となります。
学生や社会人の間でも英会話教室などに通って英語を学ぶ人は少なくありませんが、短期間で本格的な英語力をマスターするには海外留学が最も効果的です。
英語を学ぶことを目的とした海外留学先としてはアメリカやヨーロッパの英語圏各国が中心でしたが、近年ではフィリピンへの留学が注目を集めています。
フィリピンではアメリカによる植民地支配の時代が長く続いた影響もあって英語が共通語として使用されており、ビジネス英語能力の高さは世界でもトップクラスです。
フィリピンは多数の島々から構成されている国ですが、中でも中部のセブ島には語学学校が多く日本や韓国を含む世界各国の間で留学先として人気を集めています。
英語学習を目的としたセブ留学を欧米各国への留学と比較した場合、最大のメリットは留学費用が安いという点です。
セブ留学は学費そのものもアメリカ留学などと比べて安く設定されており、語学学校の寮に滞在する場合は宿泊費と食費も学費に含まれます。
ホームステイ滞在が主流の欧米留学と違ってセブ留学では学校と寮が近距離にあるため通学時間がかからず、ビザ延長手続きも学校が代行してくれます。
アメリカ留学などの場合は語学授業も集団レッスンとして進められるケースが大半なのに対して、セブ留学ではマンツーマンレッスンが多く学びやすい点も見逃せないポイントです。
セブ留学では掃除や選択・食事の準備などもすべて寮のスタッフがやってくれるため、勉強に専念しやすい環境にあります。
近くに観光スポットが豊富に存在するセブ留学の休日には、息抜きにビーチリゾートやダイビングなどを楽しめる点でも人気が高まっているのです。

リゾート気分で英語を学ぶ

多くの人が英語留学を考えるのは、アメリカやオーストラリアといった英語が公用語の先進国ではないでしょうか。
しかし、これらの先進国の留学費用はとても高いです。
そこで、おすすめするのがセブ留学です。
セブ留学とは、フィリピンのセブ島に留学することです。
日本からセブ島へは直行便の飛行機で約4時間30分と比較的短時間で行くことができます。
また、最近では格安航空会社(LCC)の運行も始まり安価で行くことも可能になりました。
セブ島はリゾート地として世界的に有名な場所です。
そのため、リゾート気分を味わいながら英語を勉強ができるということでセブ留学の人気が高まっています。
セブ留学の特徴は、マンツーマンレッスンが中心になっていることです。
そのため、クラスのペースについていけないという心配がなく自分のペースで英語を学ぶことができます。
また、1日の授業数は50分×8コマが基本になっています。
欧米諸国の留学では午前中で終わってしまうことも多いので英語をしっかり学びたい人にはおすすめです。
しかし、留学期間中ずっと勉強をしているのではなく休日もあります。
休日にはビーチやホテルでおいしいものを食べたり、マッサージを楽しむことができます。
また、ダイビングスポットとしても有名なので美しい海でダイビングもできます。
セブ留学では、英語をしっかり学ぶことができる上ビーチなどで楽しい休日を送ることができます。
思い出に残る留学をしたいと考えている方にはセブ留学をおすすめします。

リゾートプランも人気

語学留学の滞在先も色々な選択肢がありますが、フィリピンのセブ島も人気となっています。
現在は欧米に加え、セブ留学も選択肢の一つとして検討されるようになっているため、留学の際は考えてみると良いでしょう。
セブ留学の魅力は、1ヶ月から2ヶ月程の短期集中プランが豊富に揃っていることと、安い学費で語学スクールを利用できるところにあります。
各エージェントも短期プランを中心に提供しており、効率的な英語習得を考えている方がたくさん利用している状況です。
英語の習得に特化した留学を実践するなら、セブ留学を選択するのが一番効率的でしょう。
ただ一方で、各エージェントではリゾートを満喫しながらのセブ留学プランも提供しています。
実はこちらも人気となっており、リゾートホテルを利用しながら、充実した英語学習を行うことができます。
セブ留学では、基本はスクールの寮に滞在しながら習得を目指すスタイルとなりますが、リゾートプランを選択すれば豪華なホテルを利用することが可能です。
また、ホテル内にスクールを設けている施設もあるので、授業も充実した環境で受けられます。
もちろん確かな授業が展開されているため、集中して受けていけばしっかり鍛えることができます。
どこもマンツーマン指導に力を入れており、授業に取り残されるようなこともなく着実に学習していけます。
セブ留学のスタイルも一つではないので、リゾートプランも視野に入れながら自身に合ったスタイルを選択すると良いでしょう。

短期間で効果が上がる

セブ島留学は、いろいろな留学先の中で最近人気が高くなっています。
特に人気が高いといわれる理由の一つは、短期間で効果が上がることです。
セブ島学校は授業時間の長いところが多くて、朝9時ごろから始まって、終わるのは夜の10時ごろになります。
その間に休憩や食事の時間はあるのですが、それ以外は英語に集中するので、ほとんどの人が自分の英語の能力を上げられるようになります。
また、授業で使われるのは、英語のみのことが多いです。
この点も、セブ島留学の人気の理由の一つになっています。
日本にいたらつい日本語を使ってしまいますが、セブ島ではそれが通用しません。
そのため、留学先でなんとか英語を使ってコミュニケーションしようとするので、英会話の能力が上がります。
しかし、セブ島の学校の授業は厳しいことで、知られています。
授業時間に学ぶことも多いですし、宿題の量も少なくありません。
厳しいことは辛いですが、英語をマスターするためにはその辛さに耐えることが必要です。
日本語と全く異なった言葉を学ぶので、がむしゃらに勉強しなければなりません。
厳しい授業でも、自分で英語の能力がついてきたと実感できるようになれば、楽しさを感じられます。
セブ島の学校には、いろいろなコースがあり、自分の目的に合ったものを選べます。
また、資格試験を受験するためのコースもあります。
試験に備えて、集中的に勉強ができるので人気が高いです。
密度の濃い授業を受けるので、怠けないで勉強できるようになります。

リゾートを楽しみながら

英語を話すには、かなりの勉強時間が必要といわれていて、単語や文法だけではなく会話もきちんと学ばなければいけません。
そのためには、英語圏内で勉強するのが一番良いのですが、費用を考えるとアメリカへの語学留学は無理な方が数多くいるはずです。
しかし、現在ではアメリカ以外でも、英語のために語学留学ができるので、それらの地域を活用することも視野に入れましょう。
もしも、圧倒的なコストパフォーマンスで語学留学を行ないたいなら、セブ島にある学校の利用をおすすめします。
こちらのセブ島は、フィリピンにあるリゾートエリアなため、観光を楽しみながら英語が学べると人気です。
しかも、リゾートエリアといっても、フィリピンは物価が安いため、低コストで英語を学ぶことができます。
なお、フィリピンの治安を不安に思う方もいるでしょうが、セブ島は観光客が多い地域なので安全に過ごすことが可能です。
もちろん、どこでも安全な日本とは違うため、語学留学の前に、行ってはいけない地域を調べるのは必要になるでしょう。
そして、セブ島へ語学留学するのなら、きちんと目標を持って、学校選びをしなければいけません。
その理由は、セブ島は素晴らしいリゾートエリアになっているので、その分だけ他のことに気を取られやすいからです。
そのため、旅行としても楽しみたいと考えているなら、勉強時間を削ることなく、リゾートを楽しめるカリキュラムの学校を選ぶようにしましょう。

身のある現地滞在の為に

フィリピンは日本と同じアジアの地域ではありますが、文化が大きく異なります。
その為、人気のセブ島留学を行う際には文化の違いに注意をする必要があります。
特にセブ島に留学をする場合、短くても1か月程度現地に滞在するのが一般的となっており、文化やマナーを知らずには生活は行えません。
相手に不快に思われる程度であれば良いですが、場合によっては迷惑をかけたりする可能性もありますし、犯罪行為に当たる可能性もあります。
しっかりと現地の文化を理解して滞在に臨むようにしましょう。
学生であれば問題はありませんが、成人している方が特に注意するべきポイントとしては喫煙のルールが挙げられます。
路上喫煙を禁止するエリアがあったり、飲食店内での喫煙を禁止しているお店も少なくありません。
語学とは関係の無い部分でトラブルを起こさないように注意をしましょう。
また、ルールやマナーではありませんが、海外初心者の方の場合、病気への対策も重要となります。
生水を飲んだり、不衛生な屋台などで食事を取る事で食中毒になるリスクは大いにあります。
最悪の場合、入院を余儀なくされる場合もあり、語学留学どころでは無くなる可能性もあるので海外初心者の方は注意が必要です。
セブ島は近年、人気のリゾート地として観光地化が進んでいる為、衛生環境は良くなってきていますが、注意をするに越した事はありません。
セブ島での語学留学を実のあるものにする為にも現地のルールや生活習慣には注意をするようにしましょう。

英語が公用語の国

英会話はコミュニケーションなので、効率的に学びたいのなら、語学留学を選択するのが合理的です。
そのときに、本場のアメリカへの語学留学にこだわらずに、英語が使えるなら他の国を利用しても良いと考える方も多いでしょう。
もしも、物騒な地域は避けて、なおかつ正しい英語を習得したいなら、セブ島留学を推奨します。
セブ島があるフィリピンは、公用語に英語が指定されているため、きちんとした英会話が学べるからです。
そして、日本語が通じるスタッフが在籍するところもあるため、生活のすべてが英語になるのが不安な方にもピッタリでしょう。
なお、セブ島留学を考えた場合、自分で直接学校に申し込む方法と、代理店を通す方法があります。
直接に学校に申し込むのなら、格安で入学できるケースもあるため、英語力に自信がある場合は試してみると良いでしょう。
しかし、実際にセブ島留学をする場合は、入学申し込み以外にも、準備を含めてやるべきことがたくさんあります。
そのため、それらのサポートもしてくれる代理店を利用したほうが、安心して現地に訪れられるでしょう。
せっかくのセブ島留学なのに、手続き上のミスで余計なトラブルに巻き込まれたのでは、時間が勿体ないです。
もちろん、代理店なら自身の英語力を伝えることで、レベルにあった適切な学校選びも手伝ってくれます。
貴重な時間と費用を無駄にしないためにも、代理店としっかりと相談をして、最適なセブ島留学を実現させましょう。

学生も安心の留学先

日本において英語の必要性は日々、増しているといえます。
これまでは一部の限られた人のみに必要性は限定されていましたが、訪日外国人観光客も激増し、企業も積極的に海外進出を進める今、必要性は日々、増しているのです。
国も本腰を入れて、義務教育における英語の取り組み方を見直し、より実践的な英語が身に付けられる様にと工夫を行なっていますが、直ぐに成果が上がるのは難しいといえます。
直ぐにでも、実践的な語学力を身に付けたいと考えている場合には語学留学という形で海外に渡り、直接、ネイティヴスピーカーとコミュニケーションを取るのが近道であるといえるでしょう。
その様な中、日本人から人気を集めているのがセブ島留学です。
フィリピンにあるセブ島は英語を公用語としているだけでなく、快適な環境で学ぶ事が出来るという環境もあり、人気を集めています。
語学留学を行う上で治安面を不安視する方も少なくありませんが、セブ島留学であれば、欧米諸国と比べて治安面が良いので安心です。
セブ島はリゾート開発が進められている地域であり、世界中から観光客も訪れる為、地元警察も治安維持に向けて力を入れています。
また、語学留学をする上でネックになりがちな留学費用がリーズナブルに済ませる事が出来るのもセブ島留学ならではの魅力です。
セブ島留学は英語を学ぶ事が出来る語学留学先としては最安値クラスとなっているので価格重視という方からも広く選ばれています。
この様にセブ島留学は治安面、価格面それぞれの良さから人気を集めています。

費用で選ぶなら断然セブ島

リーズナブルな海外留学ならセブ島留学です。
物価が安い東南アジアという立地の恩恵を受ける事が出来るので、費用は他のエリアと比べて抜群に安くなっています。
実際に掛かる費用の内訳を見て行くと、学校に支払う授業料や教材費、食費、宿泊費、そして各種雑費などがあります。
セブ島留学の場合、これらの費用全てが海外留学先としては低い水準となっており、リーズナブルに挑戦する事が出来る環境です。
授業料に関しては一律で設定しているケースもありますが、中には1日辺りの授業時間に応じた料金設定をしているところもあり、予算や勉強したい時間に合わせて臨機応変に調整が行えます。
また、セブ島留学における宿泊施設に関しては、学校が用意する寮に入るのが一般的となっており、個室では無く4人部屋や3人部屋で宿泊をしていくスタイルです。
2人部屋にしたり1人部屋にする事も出来ますが、その分、追加費用が掛かって来ます。
これらの費用をまとめて見ても、1週間10万円以下、プランによっては5万円程度から滞在し、勉強をする事が出来るので非常にお得です。
費用面で見れば断然、セブ島留学がオススメであるといえるでしょう。
なお、セブ島留学は学生だけで無く、社会人の人もスキルアップを目指して挑戦するケースも少なくないので、社会人の方も積極的にチャレンジをしてみるのも良いでしょう。
短期間のセブ島留学であれば、毎月、わずかな費用の積立てで挑戦が可能です。

低コストの語学レッスン

英会話のスキルを短期間で身に着けたい人に適しているのは、低料金で参加できる、セブ島への語学留学のプランです。
1週間程度のコースから1か月以上のコースまで充実しているので、まず最初に一人一人に合ったセブ島留学プランを見つけることが重要です。
ウェブサイトで情報を集める方法もありますが、現地での生活やカリキュラムについて知りたいときに便利なのは、語学スクールが主催するセミナーです。
セミナーで学習内容の概要を把握したうえで、個別相談会で出発に向けて計画を具体化するのが、セブ島留学を成功させるコツです。
特に初めて現地でレッスンを受ける場合には、マンツーマン指導が中心で、スケジュールにゆとりのあるプランが手ごろです。
ゆとりのあるプランは、1日当たりのレッスンが4時間程度であり、現地での観光やマリンスポーツも楽しめるでしょう。
けれども仕事で英会話のスキルを高める必要がある、中堅クラスのビジネスマンにふさわしいのは、1日当たり10時間以上の集中トレーニングのコースです。
指導経験が豊富な講師から指導を受けたり、グループレッスンでディスカッションのスキルも高めるのが、セブ島留学の機会を最大限に活かすポイントです。
一方で滞在期間中にスキルを高めても、帰国して英会話を使う機会が少ない場合には、すぐに実力が低下するのが実情です。
そのような場合には帰国後に国内の語学スクールで、継続的にアフターフォローを受けると、英会話のスキルを維持できるので安心です。

物価が安い魅力のエリア

グローバル化が日々、進んでいる昨今、英語を身につけたいと考える方が増えています。
参考書などを購入して自己学習を行ったり、英会話スクールに通って学んだりと様々な方法で英語学習が行われています。
数ある英語学習法の中でも人気が高い学習法の1つが語学留学です。
現地の人と現地でコミュニケーションを図る事が出来るので、活きた英語を身につける事が出来ます。
英会話スクールなどでもネイティブスピーカーとの会話レッスンで語学力を身につける事が出来ますが、日本語が伝わらないという逃げ場の無い環境で学ぶ事で、より一層の緊張感を持って語学力を身につけていく事が出来るのです。
しかしながら、語学留学はその他の学習手段と比べて費用が高額になる為、誰でも気軽に行う事が出来るというものではないのが実情となっています。
通学する学校に支払う費用、渡航費用、滞在費などで最低でも数十万円、期間や地域によっては数百万円掛かるケースもあります。
そのような中で注目を集めている語学留学先がフィリピンのセブ島です。
フィリピンは英語が公用語の1つとして扱われており、現地の多くの人が利用をしています。
アメリカやオーストラリア等と比べて物価が格段に安く、現地での滞在費や学校に通うのに掛かる費用を割安に抑える事が出来ます。
実際、通学費用、渡航費、滞在費などを合わせても30万円から40万円程度で済むというのが一般的です。
そのような背景もあり、日本から多くの語学留学生がフィリピンのセブ島を選んでいるのです。
特にセブ島はリゾート地として人気が高いエリアとなっており、リゾート地という開放的な環境で観光を楽しみながら、語学が学べるようになっています。
このように英語を学ぶ事が出来るという根本は変わらないながらも、費用が安く、観光も楽しめるので、コストパフォーマンスを求めるという方にはフィリピン、特にセブ島がおすすめとなっています。

短期で英語を勉強する

フィリピンのセブ島への留学は、「格安で英語を学習できる滞在先」として、英語をマスターしたい人から注目を集めている留学先です。
では、実際どのようにして英語を学習するのでしょうか。
この記事では1週間から2週間という短期留学について、知っておくべき情報をお伝えします。
まず、授業の内容ですが、セブ島留学ではマンツーマンレッスンが中心です。
1日8時間前後の授業を受けることになります。
かなり詰め込み式のように感じるかもしれませんが、人目を気にせずに一気に英語を話せるチャンスです。
マンツーマンレッスンなので、個人の英語レベルに合わせて学習が行われるのもポイントです。
易しすぎたり、難しすぎたりといったことがないので、自分に必要な授業を受けることができます。
グループレッスンの場合でも、6人ほどまでの少人数が一般的です。
グループレッスンでもコースを選べるので、ある程度、自分のレベルに合った授業を受けることができます。
学校を選ぶ際には、レッスンの内容はもちろん「追加レッスンは可能か」「自習室はどのくらいの時間まで使えるのか」といったこともチェックしておきましょう。
宿泊先はセブ島の学校に併設された寮になることがほとんどです。
他の留学生と授業から寝泊まりまでを共にすることになります。
多くの場合、食事付きなのですが、まれに食事は別で用意しなければいけない学校もあります。
セブ島では朝早くから営業をしているレストランが少ないので、食事付きでない場合は苦労することになるかもしれません。
できれば、食事付き、洗濯サービス付きの学校を選びましょう。

おすすめの記事